旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

秦野市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

丹沢湯彩ほたる(秦野市南矢名) ※閉店→11/19「秦野天然温泉さざんか」として再オープン決定!

丹沢湯彩ほたる(秦野市南矢名)丹沢湯彩ほたる(秦野市南矢名)東海大学前駅より大学方面へ向かう坂の途中に丹沢湯彩ほたるはある。正確に言うと途中のY字路で大学方面と道が枝分かれするのだが、駅と大学とのちょうど中間地点にあり、ほかの温泉施設と比べて大学生の割合が多いことが特徴。学割回数券の設定があるのも珍しい。

浴室内にある大きな湯船にはラジウムを放出する「北投石」を使用しているとのこと。ごく微量の放射線を浴びることで免疫力が活性化するのだとか。ただしこの湯船の中にどのくらい使われているのか不明なので、実際の効果も不明。あくまでも気休めといったところか。ちなみにこの湯船の一部はバイブラ湯となっている。ほかに電気風呂、ジャグジー(4人分)、水風呂、サウナ。

露天風呂の大きな湯船には端っこに打たせ湯あり。その勢いは超強力すぎるくらい。そしてもうひとつ、既製品の浴槽をはめこんだ円形風呂。施設自体が高台にあり、湯船は丹沢方面を向いているのだが、高い塀で目隠しされているのが残念。背伸びすればかろうじて山並みが望めるといったところか。夜景がきれいな町ではないので、夜はどうでもいいが。

もうひとつ残念な点といえば、いつも塩素臭いこと。ただでさえ温泉らしさはあまり感じられないのに、最近では休日の夜はかなり混雑し、落ち着いて入浴できないことも。低料金のわりに必要最低限の湯船が揃っているためだろうか。館内には食事処やカットハウス、マッサージのほか、ベンチや畳コーナーなどがある広いロビーを備えていることも魅力のひとつか。長居できる雰囲気であるうえに平日は複数回入浴も可能。といったわけで地元住民から大学生まで幅広い層から支持されている施設である。

丹沢湯彩ほたる
源泉/秦野温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/秦野市南矢名2-13-13 [地図
電話/0463-78-0026
交通/小田急線東海大学前駅より徒歩5分
料金/(平日)大人600円、小学生300円、乳幼児150円
     (休日)大人700円、小学生400円、乳幼児200円
時間/10:00〜23:00、第3火曜日定休(祝日の場合は第4火曜日定休)

※回数券10枚綴り:大人5,500円、学割4,500円

(2008/11/03に全面的に書き直しました)

丹沢湯彩ほたる閉店(2010/9/8追記)
諸事情により9/26(日)をもって閉店するとのこと。
また1つ秦野市民のオアシスが消えていこうとしています。

(2010/9/27)
秦野たばこ祭最終日が行われている陰で、ついに閉店してしまいました。










丹沢湯彩ほたる再オープン(2010/10/22追記)
今日通りかかったら「再オープン決定!!」という貼り紙がありました。
「11月中旬、オーナーの変更により新たな施設として再び営業を開始いたします」とのこと。

現地では設備業者が多数出入りし、再オープンの準備をしています。
復活歓迎! 秦野市民、東海大学生にとって嬉しいニュースだ!






秦野天然温泉さざんか(2010/11/15追記)
再オープンに際し、店名は「秦野天然温泉さざんか」に決定したようです!
(現地を今日通りかかったら新しい看板が出ていました)
まだオープンの日にちは決定していないようです。



(2010/11/18追記)
いよいよ明日11/19オープン!
ホームページもありました→秦野天然温泉さざんか

はだの・湯河原温泉 万葉の湯(秦野市河原町)

万葉の湯はだの会社宛に秦野河原町にある「万葉の湯」の無料招待券が届いていたので行ってみた。ここはむかし地元のゼネコンが経営する「相州」というサウナがあり、当時はたしか2000円位したのだが、半額券を貰ったときなどにたまに行ったところ。プールもあったし、なかなか良かったのだが、ゼネコンとともに連鎖倒産。その間際は回数券の大売出しをしていておかしいなぁとは思っていたのだが。で、2003年9月にオープンしたのが万葉の湯。

普通に行くとセット入館料が1890円。温泉は湯河原からタンクローリーで運んでいる。いまどきうちの近所じゃあちこちに温泉があるっていうのに、この料金はちょっと高い。浴衣、タオル、バスタオルなどが込みなのだが。

いつもはあんまり人が来ていないように見えるのだが、今日は招待券を貰った人がたくさんいるのか、140台分ある駐車場は満車(すぐに空いたのだが)。館内もなかなかの賑わい。料金並みにきれいで良いのだが、相州だったころと比べると…。むかしは風呂も広かったし、風呂場もサウナも大の字になって寝ている人がたくさんいてのどかだったし。そのぶんチェーン店になって地元以外の人には入りやすくなったと思うけど。だけど1890円は高い。風呂だけ入るなら700円がいいところ。なかなか気軽に来れないので、浴衣を着て仮眠室で寝てみたり(ここはむかしの面影がある)。

今回はタダで満喫させてもらったので、こうやって皆さんにPRするわけだが、また招待券を送ってくれたらもっとPRするぞ、って感じ。

はだの・湯河原温泉 万葉の湯
源泉/湯河原温泉(万葉の湯、ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
     ※湧出地:足柄下郡湯河原町宮上
住所/秦野市河原町2-54 [地図]
電話/0463-85-4126
交通/小田急線秦野駅より徒歩10分
     東名高速・秦野中井ICより県道秦野二宮線を秦野市街へ1.5km
料金/(マル得セット)大人1,890円、子供980円、幼児780円
     (深夜追加料金 -深夜3:00以降)大人1,570円、子供940円、幼児940円
     (早朝入館 -5:00より)大人1,050円
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

弘法の里湯(秦野市鶴巻北) ※2011/11/1リニューアルオープン

弘法の里湯(秦野市鶴巻北)鶴巻温泉は小田急線の開通とともに開発され、平成の初めには10数軒の旅館やホテルが存在した。その頃は駅前に浴衣姿の宿泊客やコンパニオンをよく目にしたものだが、近年になって旅館も激減。平成20年現在、旅館は陣屋、大和旅館、梵天荘の3軒のみ。跡地の多くは分譲マンションへと姿を変えた。都内や横浜への通勤圏であるため、駅前にはマンションが林立し、温泉街の風情はまったくない。しかし週末ともなると、近所にある弘法山へのハイキング客で賑わう街でもある。

弘法の里湯(秦野市鶴巻北)弘法の里湯は平成13年にオープンした日帰り温泉施設。かつての光鶴園ホテル・鶴巻温泉会館の跡地の一部。地下50mから湧出する秦野市1号泉を使用している。秦野市営であるため市内の在住・在勤者は入浴料200円引き。そのぶん税金を払っているので、もっと還元してくれても良いのだが。弘法の里湯という名称は市民からの公募によって命名された。券売機には市民と一般の2つのボタンがあるが、フロントで市民であることを証明する必要はない。たまに抜き打ちで「どちらから来たんですか?」などと聞くことがあるようだが、「市民じゃない人は雰囲気でわかりますよ」とのこと。

弘法の里湯(秦野市鶴巻北)「里湯」と「山湯」の2つの浴室があり、男女日替わりとなる。どちらも内湯、露天風呂、サウナが1つずつ。里湯は秦野の里山をイメージしたヒノキ造りで、山湯は丹沢の山小屋をイメージした御影石造り。どちらも内湯は湯船が大きく、また天井が高いのでゆったりとした気分で入浴できる。露天風呂は8帖ほどの大きさの湯船、そしてその半分ほどの大きさで浅めの湯船がつながっている。あずまや風の屋根がかかり、雨の日でも安心。マンションと老人介護施設に隣接しているため高い塀で囲まれ、周りの景色を眺めることはできないが、庭園風に整備されたゆとりのある配置となっている。内湯、露天風呂ともに多少塩素臭がするのが残念。源泉はカルシウム含有量が高く牛乳並みだというが、だから何だ?という疑問もある。かつてはカルシウム世界一と言われていたが現在はどうなのか。ぬるめに設定されているが、よく温まるお湯である。里湯、山湯の大浴場のほか、貸切風呂「鶴の湯」(1時間1,000円)もある。

弘法の里湯パンフレット
(弘法の里湯パンフレット-2011/12/30追加)

秦野はあまり知られていないが県内一のそば産地であり、館内には「鶴寿庵」というそば屋が入っている。また「やまなみ」では秦野の土産物や地場で採れた野菜などが並ぶ。最近では弘法の里湯オリジナルの手拭いなども販売中。2階には120帖敷き大広間の無料休憩室もある。弘法の里湯に隣接する「宮永岳彦記念美術館」は秦野市にゆかりのある画家・宮永岳彦の作品展示と市民ギャラリーからなる市立美術館。

実は自宅から歩いて2分ほどのところにあるのでよく前を通るし、利用もするのだが、休日は午前中から敷地内駐車場が満車となるほど賑わっている。ナンバープレートから判断すると観光客が多い様子。ハイキング客で賑わうのは午後になってから。いずれにせよ日が暮れる頃までは多くの客が訪れる。平日は地元客の割合が高いが、休日のように混みあう感じはないので、ゆったりと湯につかるならば平日がおすすめ。

弘法の里湯
源泉/鶴巻温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/秦野市鶴巻北3-1-2 [地図]
電話/0463-69-2641
交通/小田急線鶴巻温泉駅より徒歩2分
     ※敷地内に有料駐車場20台分あり(1時間150円、以後30分毎100円)
     ※近隣には駐車場多数あり
料金/(平日)1 日:大人1000円、子供500円
             ※市内在住・在勤:大人800円、子供400円
         2時間:大人800円、子供400円
             ※市内在住・在勤:大人600円、子供300円
     (休日)2時間:大人1000円、子供500円
             ※市内外共通
     ※未就学児は無料
時間/10:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)


市立宮永岳彦記念美術館
料金/大人300円(弘法の里湯利用の場合は200円)、高校生以下無料
時間/10:00〜19:00、毎週月曜日休館


⇒鶴巻温泉新源泉(つるまき千の湯)に関する話題はこちらのページにまとめました



2011/11/1リニューアルオープン
※内湯と貸切風呂には新源泉(つるまき千の湯)を使用。泉温38.8℃、湯量350リットル/毎分、掘削深度1,010m。露天風呂は従来の源泉(秦野市1号)を使用。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ