旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

秦野市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

鶴巻温泉弘法の里湯に足湯が誕生 ※2016/3/30〜

鶴巻温泉・足湯鶴巻温泉・足湯

鶴巻温泉の日帰り温泉施設「弘法の里湯」敷地内で建設が進められていた足湯は、いよいよ本日オープンする。13時に竣工式(テープカット)が行われたあと、一般に開放するという。

足湯の隣には温泉スタンドも設置され、どちらも無料で利用できる。ただし利用は弘法の里湯営業日の10:00〜17:00に限る(月曜定休・祝日の場合は翌日休)。鶴巻温泉駅前の市有源泉より引き湯。

秦野天然温泉さざんか(秦野市南矢名)

秦野天然温泉さざんか秦野天然温泉さざんか(秦野市南矢名)秦野天然温泉さざんか(秦野市南矢名)

東海大学駅前商店街の1コ目の交差点より近道商店街へ。途中でYの字に道が枝分かれするが、左に歩くと東海大学。右の坂道を上がっていくと「秦野天然温泉さざんか」がある。今年9/26に急遽閉店してしまった「丹沢湯彩ほたる」(→記事)が、オーナーチェンジによって11/19に再オープンした施設だ。ほたるの閉店ショックで地元住民や大学生は路頭に迷うかと思われたが、閉店後まもなくして新オーナー体制でのオープンが告知され、現地には各業者が連日作業を行っていた。そしていよいよオープン初日。さっそく訪れてみた。

秦野天然温泉さざんか(秦野市南矢名)新聞折込広告も入っていたが、事前に告知していなかったこともあって、客のほとんどを学生が占めていた。ほたるのときも平日はサークル・部活帰りの大学生がメイン。ほかの施設では見られない光景であろう。対照的に週末は地元住民で賑わう。駐車場が満車になることもしばしばだったが、道が狭くてしかも坂道なのでどうしても地元住民の割合が高い。日帰り施設としては弘法の里湯、湯乃蔵ガーデン、湯花楽などが30分圏内で競合するが、交通利便性で劣ることは否めない。マーケットに相応しい施設規模だとも言えるが。

広いホールを休憩所(畳コーナーあり)とし、食事処やカットハウスを併設するレイアウトは変わっていない。脱衣所も浴室も以前と一緒。温泉の分析表は引き継ぎできなかったのか、最近のものが掲示されている。建物自体は築後10年を経過しているため、痛みが目立っていた内装などはきれいに塗り替えられた。カランも新調したようだし、閉店間際に故障した水飲み器はもちろん新品になった。

秦野天然温泉さざんか(秦野市南矢名)浴室内と露天に1つずつ大きな湯船があって、ほたるのときはラジウムを含む北投石が埋め込まれているとしていたが、再オープンを機にそんな話は無しに。浴室内にはほかに寝湯ジャグジーと電気風呂、それに高温サウナと水風呂がある。サウナはコの字型の2段式で、入口に積んであるタオル地のマットをおのおのが敷いて座る。テレビを設置していないのは珍しいかもしれない。露天には円形風呂もある。塀が高くて町の景色を一望できないのは残念だが、昼間は丹沢の稜線くらいなら眺めることができるのではないだろうか。

平日は大学生がメインだと書いたが、客の9割を超えているとさすがにびっくりする。例えるなら、学生寮にでも紛れ込んでしまったかのような錯覚。活気があって良いけれど、のんびり寛ぐとはいかず。設備的にはいたって普通の施設だけど、客層や嗜好に見合っているのかな?とは思う。学割料金を設定すればもっとリピーターが増えるだろうに。とはいえ、料金設定はきわめて良心的。頻繁に訪れる客も多いことだろう。

秦野天然温泉さざんか
源泉/秦野温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/秦野市南矢名2-13-13 [地図
電話/0463-78-0026
交通/小田急線東海大学前駅より徒歩5分
     ※無料駐車場120台分あり
料金/(平日)大人600円、小学生300円、乳幼児150円
     (休日)大人700円、小学生400円、乳幼児200円
時間/10:00〜23:00、第3火曜日定休(祝日の場合は第4火曜日定休)

※11/30までオープニングキャンペーン!
   平日も休日も、大人500円・小学生以下100円

皇源健康センター秦野(秦野市緑町) ※2007/8/31に廃業

皇源健康センター「皇源健康センター」は秦野駅と渋沢駅の中間に位置し、秦野市で唯一の健康ランドとして市民の憩いの場になっている。

館内に入るとまずフロントでフェイスタオル、バスタオル、浴衣がセットになったバッグを渡される。このとき「浴衣と(ハワイアンの)ムームーのどちらにしますか?」と聞かれるのだが、男性は浴衣、女性はムームーが一般的であるようだ。

内風呂には薬仁湯、草津の湯、ジャグジー、バイブラ湯、ほかにテレビつきのサウナと水風呂がある。

薬仁湯というのは8種類の草根木皮を配合した薬湯で、干し椎茸を蒸して腐らせたような独特な匂いが立ち込めている。お湯の色は茶色。「正しい入浴法」が掲げられており、それによると薬仁湯〜休憩を3回繰り返すのだという。しばらくしてヒリヒリと刺激を感じるのだが、これこそが効果の表れなのだとか。「(刺激が強いときには)皮膚の薄い局部はおさえて入浴してください」という文章も添えられている。たしかに1回目は気持ちよく入浴できるのだが、2回目には刺激を感じ、3回目にもなると皮膚がやけどをしているように熱く感じ、手足は真っ赤。30分くらいは局部や手足のヒリヒリ感が続く。

露天風呂は入浴剤が2日おきに変わる。ちなみに庭先は10坪以上はあろうかという広さなのに、5〜6人でいっぱいという大きさの浴槽が片隅に設けられているだけで、あとはビニールの芝生が敷き詰められている。せせこましい都会のスーパー銭湯に比べればなんと贅沢な配置であろうか。

昼間は畳敷きの大広間で大衆演劇や歌謡ショーが行われ、のどかな雰囲気。2階の娯楽室にはリクライニングチェアやマットレスが並んでおり、ここで宿泊することもできる。

皇源健康センター
住所/秦野市緑町15-2 [地図
電話/0463-83-1126
交通/小田急線秦野駅よりバス6分「保健福祉センター前」停徒歩2分
     小田急線渋沢駅よりバス8分「保健福祉センター前」停徒歩2分
     または秦野駅・渋沢駅より「富士見橋」停利用でも可(徒歩2分)
      ※秦野駅より無料送迎バスもあり
     車だと国道246号線「新町」交差点より平沢方面に100m
料金/大人2000円、子供1000円
      ※深夜追加料金1000円(AM2:00〜)
      ※ホームページに700円引きの割引クーポン券あり
     早朝割引:大人1000円、子供500円(5:00〜8:30)
     深夜割引:大人1000円、子供500円(23:00〜2:00)
            大人2000円、子供1000円(23:00〜8:30)
     入泉割引デー:大人1300円、子供800円(毎週火曜日・金曜日)
時間/10:00〜翌8:30

(追記-2007/7/09追記)
残念ながら8/31をもって閉館することが決定。
理由は「建物・設備の老朽化等諸事情」とのこと。
<タウンニュース秦野版:平成19年7月5日号より>

湯花楽 秦野店(秦野市平沢)

湯花楽湯花楽は秦野市内の渋沢寄りにあるスーパー銭湯。2002年5月にオープンし、神奈川県内にパチンコチェーンを展開するジャパンニューアルファが経営母体(現在は関連会社が運営)。工業団地の南側に隣接するが、市民にとってはダイクマ渋沢店の隣と言ったほうがわかりやすいか。文化会館や運動公園にも近く、夕暮れになると市民の利用で賑わうが、丹沢登山者がひと汗流すのに立ち寄ったりすることもあるという。秦野市内には温浴施設が4ヶ所あるが、温泉でないのは湯花楽のみ。しかし「湯公蒸(ゆこうじょう)」というサウナで差別化を図り、大きな人気を得ている。

湯花楽秦野店パンフレット

館内は1階に浴室や食事処、2階に湯公蒸がある。浴室はごく平均的なスーパー銭湯といってよいだろう。内風呂は季節の入浴剤を使用した温めの湯船、バイブラ湯・ジェットバス・電気風呂、水風呂。露天風呂は滝が流れる岩風呂、壷湯、寝湯(女湯は座湯)。

大河ドラマ「龍馬伝」が流行った2010年頃には何を思ったか、坂本龍馬や高知に縁もゆかりもないのに、「日本初の龍馬風呂」をコンセプトに打ち出していた。露天風呂を囲む塀のさらに上に巨大な写真パネルを設置し、桂浜に立つ龍馬の姿に「日本を今一度洗濯いたし候」の名言が添えられていた。このときの改装で人工温泉装置を導入し、露天風呂のすべてで使用するようになった。龍馬風呂は今年4月の改装によって終了となったが、それ以降は「鳴子の湯」で集客を図っている。写真パネルは紅葉の鳴子温泉郷へと変わった。もちろん鳴子温泉郷とは何のゆかりもないし、人工温泉を替えるたびに大掛かりな作業が行われるのだろうか。

湯花楽秦野店パンフレット

サウナはごく一般的な乾式・タワー型で、室内にテレビあり。2階に本格的なものがあるのに、こちらも人気があるのは、簡単に言えば手軽だからだろう。2階の湯公蒸は、オープン当初は別途料金かつ館内着での利用だったが、利用者が少なかったためか、2005年の改装時から別途料金を廃止。男女別とし、裸での利用となった。洗い場奥の通路より裸のままエレベーターに乗る。不思議な体験である。

いくぶん照明を落とし、1階のスーパー銭湯然とした雰囲気とは一線を画している。黄土サウナ(60〜65℃)とアメジストサウナ(80〜90℃)の2つの部屋があり、それぞれ10人ほどが寝転がれる広さ。韓国版サウナの「チムジルバン」に似た雰囲気か。リラクゼーション音楽が流れ、気持ちよく汗を流すことができる。定期的に粉雪が舞うクールルームも名物のひとつ。ビーチチェアもあるので、本を読みながらのんびり過ごす人もよく目にする。じゅうぶん満喫しようと思ったら、1時間くらいは確保したい。



食事処の一角に休憩用のベンチもあるが、ほかにリクライニングシートの休憩室もある。全体としてかなり充実した施設で、時間制限なし・何度でも入浴可とはお得感あり。賑わうのは当然だろう。

湯花楽 秦野店
住所/秦野市平沢295-2 [地図
電話/0463-84-4126
交通/小田急線渋沢駅よりバス8分「白山塚」停下車すぐ
     小田急線秦野駅よりバス15分「白山塚」停下車すぐ
     国道246号線「堀川入口」交差点より工業団地方面に約500m
     ※無料駐車場120台分あり
料金/(平日)大人750円、子供350円
     (休日)大人850円、子供450円
時間/10:00〜25:00、年中無休

※2012/7/1より渋沢駅・秦野駅より無料巡回バスを運行
 (15時台・16時台は登山帰りの利用客のために大倉バス停を経由)

姉妹店の情報
湯花楽 厚木店(厚木市林)
JNファミリー(相模原市中央区相模原)

(追記-2012/8/12)
かつての記事を基にして、全面的に書き直しました。

鶴巻温泉ゆたか(秦野市鶴巻北) ※2009/1/15に廃業

鶴巻温泉ゆたか鶴巻温泉ゆたか(秦野市鶴巻北)

平成ひと桁のころは鶴巻温泉には10軒ほどの旅館があったのだが、いまは5軒のみ。多くは分譲マンションへと姿を変えてしまった。「ゆたか」はもともと旅館であったが、6年前に日帰り温泉へとリニューアル。駅前には市営の「弘法の里湯」という強力なライバルがあるが、そこと比べてどうなのか…? 地元にいながら今日が初「ゆたか」であった。

フロントを過ぎるといきなり外廊下になっていて、男湯の建物と女湯の建物の間は中庭になっている。テーブルが4つあり、ここが休憩所というわけだ(休憩所は館内にもあるが、外のほうが雰囲気がいい)。

はじめから日帰り専門ではないためか、脱衣所はちょっとせせこましい。そのわりには浴室のカランの数は多いような気がするが。内風呂には高窓しかないので、さっさと露天風呂に行くべし。ちなみにサウナは使用禁止の状態であった。

露天風呂はかなり広い。岩風呂でまわりにはソテツの木が植えられており、ジャングルのような雰囲気だ。塀が高くて外は眺めることはできないけど(もっとも周辺は住宅街)、こういう雰囲気はありきたりのスーパー銭湯にはない感じ。ちょっと深めでお湯はぬるめ。長風呂派にはもってこいだ。外にベンチがあればもっといいんだけど。ちなみに女湯の露天風呂は「そんなに大きいとは感じなかった」そうだ。

風呂の入口には「超音波オゾン温泉」という看板が下がっていたのだが、よく考えてみたら内風呂にあったジャグジーのことのようだ。ものすごく噴射が弱かったけど。こういう謎な看板はなくてもいいと思う。

さて、じつは「ゆたか」の前は中学校のときに毎日通っていた道。当時は昼間っからカラオケが聞こえてきたりしたが、日帰り専門になったいま、本館2階の宴会場や3階の客室は使われることがあるのだろうか。駐車場代は無料なので、トータルすると「弘法の里湯」と料金は変わらない(市外の人は)。雰囲気と気軽さのどっちをとるかという問題である。

鶴巻温泉ゆたか
源泉/鶴巻温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/秦野市鶴巻北3-4-5 [地図
電話/0463-77-1778
交通/小田急線鶴巻温泉駅より徒歩5分
料金/大人1050円、小学生840円、親子1575円(大人1名と小学生1名)
     食事つき入浴2900円より
時間/11:00〜20:00、毎週水曜日・第2・4木曜日定休




鶴巻温泉ゆたか閉店(追記-2009/1/13)
残念ながら1/15をもって閉店するとのこと。
弘法の里湯がいつも賑わっているのに対し、「ゆたか」はわりと閑散としていたから…。電飾看板も昨年夏ごろから「ゆたか」のうち“ゆ”しか灯っていなくて、どうしたものかと思っていたし、年末年始は2週間も休んでいたし。
家から歩いて1〜2分の距離だけに残念で仕方ない。






鶴巻温泉ゆたかリーフレット(追記-2009/01/15)
本日最終日ということで18時頃に訪れた。玄関先では何人かの客が別れを惜しみ、店の人と挨拶を交わしていた。館内のあちこちに「閉店のお知らせ」の貼り紙があるが、男湯には4人の客しかおらず、最終日なのになんだか寂しい。しかし次第に客が多くなってきた。記憶に留めるためか、じっくりとお湯につかる人が多かったように感じる。そのあとに予定があったので19時頃に退館したのだが、その時は男湯が7〜8人。まだまだ客がやってくる。最終日は1日でどれだけの客が訪れたのだろうか。

ゆたかは昭和42年に開業。現在の建物には平成4年に建て替えたという。そして日帰り入浴専門で営業するようになって9年。この間だけでも、しのぶ、鶴よし、美ゆきが廃業し、温泉地の雰囲気はなくなってしまった。閉店後のゆたかの建物の利用方法だが、いまのところ未定であるそうだ。

鶴巻温泉ゆたかチケット源泉名/ゆたか(台帳番号:秦野市第17号)
泉温37.1度、pH9.2、成分総計8281mg
加水×、加温○、循環○(内湯は循環かけ流し)、消毒○(塩素系薬剤)

鶴巻温泉ゆたか鶴巻温泉ゆたか

鶴巻温泉ゆたか見取図
↑この見取図は記憶をもとに書き起こしたので、実際とは微妙に異なります。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ