旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜ベイスターズ

大和ひとりが気を吐くも、最下位へと転落

横浜×巨人(横浜スタジアム)世間一般のお盆休みが終わっても、満員大入りの横浜スタジアム。お盆休みにはずるずると借金を重ね、このままではCSどころか、ラミレス監督の去就問題にも発展しそう。どうして今年は投打の歯車が噛み合わぬものか、今日の試合もそれを象徴しているかのよう。先発の平良は古巣巨人との初対戦。しかも相手が“師匠”の内海とあって、意気込みじゅうぶん。初回を三者凡退に切って取り、これは期待できるのかも…と思ってはみたのだが。

横浜×巨人(横浜スタジアム)しかし、阿部にソロの一発を浴びると、岡本に2点タイムリー、さらに阿部のタイムリー。回を重ねるにつれ失点は増えていく。しかし、だ。将来を担う若手がもがいている時こそ、打線が奮起しなくてどうする。チームの中で気を吐いたのは大和ひとりだけ。唯一の得点は大和のソロホームランの1点。せっかく大和が出塁しても、続くソトのバットはことごとく空を切り、最低限の仕事すらしてくれない。

横浜×巨人(横浜スタジアム)3点を追う最終回、一発出れば同点の場面で大和が打席に。これまで4安打を放っているというのに、それ以上を望むのは酷な話。ふらふらーっと上がった打球は、風に乗ることなくセンターへのイージーなフライ。そして、借金13で最下位に転落。残り36試合あるとはいえ、好転する兆しが見えない以上は、これからも厳しい戦いが続くのであろう。

満員大入りのスターナイトで自力V消滅

横浜×巨人(横浜スタジアム)試合イベントもいろいろあれど、プラチナチケットと化した横浜スターナイト。特別ユニフォームを貰って、座席につくと、試合が進むにつれて満席に。レフトスタンドの3分の1を残して、球場内は青く染まっていくのだが、せっかく貰ったのに着ない人も。巨人ファンなのだろうか。それでもほんの10年前には想像もできなかった光景が目の前に広がっている。

横浜×巨人(横浜スタジアム)雜遥大と吉川光夫の投げ合いで始まった試合は、横浜にとっては見せ場なく、巨人にとっていいようにやられたというか。1点をリードされ、すぐさま雜自らのバットで同点に追いついたが、そこが盛り上がりの頂点。吉川の立ち上がりの制球難に付け込んで、強気で攻め立てれば良かったし、梶谷の死球交代がなかったら。たらればを言っても仕方ないが。吉川を攻略できず、もやもやする展開。そして失点は積み重なっていく。

横浜×巨人(横浜スタジアム)巨人は岡本和真が4番に座っていると聞いていたが、巨人の、しかも4番のイメージではない。しかし、重圧にも負けず3割をキープし、しかも今日は決勝打となる19号3ラン。村田修一のNPB復帰期限が切れたいま、活躍しなければ意味がないから。それに対して、こちらの4番バッターはどうしたものか。宮ひとりが3安打で気を吐くも、打線はさっぱりつながらず。

横浜×巨人(横浜スタジアム)試合が終わると、岡本のヒーローインタビューを待って、いよいよスターナイトセレブレーション。昨年の悔しさから這い上がる、といった内容の映像を流れたけれど、目の前の試合で自力優勝の可能性が消滅するとは皮肉でしかない。そして盛大な花火大会。スターナイトも単なる花火大会と化し、試合は余興、お土産はユニフォームならば本末転倒。満員の観客の前で、ぜひ巻き返しの兆しを見せてほしい。

応援歌を懐かしんでいる場合でなかった。

千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)指名打者含めてスタメンに名をつらねた10人のうち、4人は個人応援歌のない左打者。さすがに「出た出た」が続くようでは必殺バットマンも何のことやら。そこで、昨日から神里(金城)、楠本(下園)、佐野(石井義人)、山下(山下大輔)といった具合に、暫定的に応援歌を流用。どれも懐かしく盛り上がるのだけど、彼らにその実力が伴っていないのは明白だ。梶谷、ロペス、大和、倉本ら主力選手の復帰を祈りたい。

千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)ロッテ先発の有吉が好投したかはいざ知らず、打線に粘りもなく、あっさり4球で終わった回もあったかと。唯一の得点は佐野が放った一発。横浜先発のバリオスは2度のリクエストで調子を崩し、それ以外にも味方エラーがきっかけの失点があったりと、運にも恵まれていなかった。ピンチの場面で、誰もマウンドに駆け寄らないし。こうした役回りがロペスだったり、大和だったりしたわけで。やはり抜けた穴は大きい。

千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)マリンスタジアムは外野が自由席。開門と同時にほぼ埋まるけど、人数分以上に席取りするのは良くない。しかし試合中に遅れてやって来る人はあまりおらず、だから混乱もなく。もちろん平日だからか。過去記事を振り返ってみたところ、マリンに来たのはなんと5年ぶり。その時はZOZOではなくQVCで、モーガンや多村が活躍し、三浦が完封勝利。なんだか遠い昔のことのよう。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ