アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)三重県の湯の山温泉近郊にあるアクアイグニス菰野(片岡温泉)。のどかな田園風景の中に広がるおしゃれ複合施設に衝撃を受けたのが4年前。それからアクアイグニス関西空港、VISONをオープンさせ、関東初進出となるのがアクアイグニス吉川美南(武蔵野温泉)。駅前の大型ショッピングセンター、イオンタウン吉川美南の東街区という位置付けで、6/12にオープンした。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)菰野とは趣きが異なるも、館内には一流シェフやパティシエがプロデュースするレストランなども。エントランスを別にして武蔵野温泉がある。内装や接客など、どことなく高級感が漂い、物販コーナーにもお高めな商品が並ぶ。それでいて入館料は地域相場よりもリーズナブル。仕事帰りや買い物ついでの普段づかいにもおすすめだ。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)浴室は洗練された雰囲気。上下2段となった湯船には茶褐色の温泉。地下1,500mの大深度掘削だという。上段は源泉かけ流しで、濁り感あり。湯船に浸かって窓の外を眺めれば、下段の水面に植栽が鏡のように映る。すっきりとした露天スペースの一角にも温泉の湯船があって、高い塀に囲まれつつも外気にあたりながらの入浴。塩分を多く含むせいか、長湯だとのぼせやすいので適度な休憩を。願わくばもう少し温度を下げてほしい。奥まったところには薄っすらと湯を張った寝湯も。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)ジャグジーやバイブラ湯などを備えておらず、流行りのサウナも水風呂もない。通好みの店舗として近隣とは一線を画すばかりか、浴室内にある白湯は、ルフロという、超濃縮温泉の素を使用した「クラフト温泉」。そして、ルフロを使用したミネラルミスト浴は、粉砕した鉱石の上に寝ころぶ、岩盤浴のようなスタイル。別途4,000円というから驚くし、どのくらいの利用があるのだろうか。

アクアイグニス武蔵野温泉(埼玉県吉川市美南)食事メニューは厳選しつつも上品さが感じられる。セルフサービスとすることで現実的な価格帯が実現できるのか、しかしながらトレイが大きく食器が重い。レストランスペースは124席のゆったり感。隣接する休憩スペースもモダンで、湯あがりの小休憩には良さそう。とはいえ店内の雰囲気からして、昼間はカップルや女性グループの支持が高そう。店内が賑わうのは夕方以降、仕事帰りの立ち寄り利用かと。

アクアイグニス武蔵野温泉
源泉/含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉
住所/埼玉県吉川市美南3-25-1 [地図]
電話/048-973-7900
交通/JR武蔵野線吉川美南駅西口より徒歩5分
     国道4号線「レイクタウン北」交差点より約5
    ※駐車場532台分あり(2時間以内は無料)
料金/(平日)大人650円、子供300円
     (休日)大人750円、子供350円
    ※子供は3歳〜小学生、3歳未満は無料
時間/9:00〜24:00、年中無休