南総城山温泉 里見の湯(千葉県館山市下真倉)曲亭馬琴(滝沢馬琴)の『南総里見八犬伝』。歴史の教科書で知っていても、読んだことがある人を知らない。調べてみると、南総とは南房総、里見とは館山城主。8つの玉を持つ八犬士の出会いと活躍の物語というから、ドラゴンボールみたいな話だろうか。よく考えたら、ドラゴンボールもよく知らないのだけど。というわけで里見の湯へ。持て余した空間でイベントの1つや2つは出来そうなくらいの大型店舗。入館料にタオルセットが付き、館内着も無料で利用できる。

南総城山温泉 里見の湯(千葉県館山市下真倉)開店直後に訪ねたせいか、まだ客はまばらで、しかし半数以上がサウナ室にいた。遠赤ヒーターと石積みストーブだが、ロウリュは火金日の14時に実施。温度計は86℃を指していたが、体感はぬるめ。単純に回転率が悪いだけだった。水風呂もいつまでも浸かっていられる感じ。露天には寝湯もあって、この順番で過ごす客が多いのか、それ以外の湯船は空いていた。

南総城山温泉 里見の湯(千葉県館山市下真倉)露天風呂では温泉を使用しており、ホームページには「淡いエメラルドグリーン」とあるけれど、淡すぎて気づかなかった。浴室内の湯船では地元の天然水を使用。ジェットバスや人工炭酸泉の湯船もある。どれも広々として、地方特有と言うべきか、都会みたいに画一的でないから良い。

リクライニングシートや畳敷きの休憩室は2階にあって、いずれも広々。入館料だけで利用できるのだから、丸一日滞在したい人にはうってつけ。食事は価格並みの豪華さで、地元漁港の入札権も持っているというから、鮮度と味は折り紙付きだ。コロナ禍でなければ観光客や海水浴客の立ち寄りもあるのだろう。このお店には露天風呂付き貸切個室(2時間2,500円〜)が3室もあって、家族やカップルなど、プライベート感を満喫したい方にはおすすめだ。

パンフレット

南総城山温泉 里見の湯
源泉/南総城山温泉(ナトリウムー塩化物強塩冷鉱泉)
住所/千葉県館山市下真倉305-1 [地図]
電話/0470-25-1126
交通/JR内房線館山駅よりバス10分「青柳」停徒歩5分
     国道410号線「下真倉北」交差点そば(富津館山道路 富浦ICより約8辧
料金/(平日)大人1,080円、小人500円
     (休日)大人1,480円、小人500円
     ※岩盤浴は別途300円
時間/10:00〜23:00、年中無休