朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)川崎市には大小さまざまな銭湯が営業しており、その中でも朝日湯は露天風呂を備える大型店だった。建て替えのため2017年に閉店してから3年半以上、遅れに遅れた工事となったが、想像をはるかに上回る新施設としての営業再開となった。まず驚いたのは、ワンコイン500円以下だった入浴料が、浴場組合を脱退してその3倍以上へ。タオルセット付きとはいえ、ハイクラスのスーパー銭湯並みだ。それに見合うハードとソフトの両面を期待し、グランドオープン当日3/12に訪問。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)下足箱の鍵と引き換えに、ロッカーキーとタオルセットを受け取る。レストランやワークスペースを横目に、2階の浴室へ。最小限の洗い場に、サウナと水風呂、炭酸泉、温泉浴槽(ぬる湯・あつ湯)が並ぶ。露天風呂は設けず、その代わりにこじんまりとした外気浴スペース。スーパー銭湯の枠組みで言えば小型店だけど、ひとつひとつのアイテムにはこだわりが感じられる。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)サウナは毎時00分と30分にオートロウリュがあり、体感温度が一気に高まる。スタッフによるアウフグースも現時点では不定期開催だが、キャパの問題もあって混雑は必至。水風呂は150cm(女湯135cm)と深さが自慢。深いところは実質2人分だが、冷たいから回転率が良い。その隣の炭酸泉は温度をかなり低めにしているので、水風呂が苦手な人にもってこい。温泉との温冷交代浴もおすすめだ。

新築再開の目玉とも言えるのが温泉の掘削。地下1,200mより湧出し、黄褐色で塩分を多く含むのが特徴。ぬる湯の吐水口からは、非加熱(泉温35℃)の源泉が注がれる。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)レストランでは自家製の豆腐や醤油麹をはじめ、素材や産地にこだわった健康的なメニューを揃えている。味も見た目も良いし、手作り感もあるけれど、そのぶん結構なお値段。食事をするとコーヒー無料というのが、せめてものサービスか。そういえば、最近オープンした店舗では、入退館や飲食などセルフサービス化の流れが主流だけど、ここはフルサービス。オープニングだからか、人件費も惜しみなく投入している様子。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)休憩スペースは3階にあり、ごろんと横になって寛げる。広々としたテラスの今後の活用に期待したい。別料金となるが、よもぎ蒸しもあって、美や健康への意識の高い女性には受けが良さそう。入館は5時間制で、入浴のみなら時間を持て余してしまう。また、夕方以降の入館だと5時間を切ってしまうので、客の割り切りが必要か、それとも今後は割安料金を検討していただけるのか。 小学生も結構な料金だし、ファミリーでの来店は想定していないのだろう。裏を返せば、違いのわかる大人向けの店舗だということ。川崎では望まれていたのかもしれない。



朝日湯源泉ゆいる
源泉/川崎朝日湯温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/川崎市川崎区鋼管通3-1-2 [地図]
電話/044-333-4126
交通/JR川崎駅よりバス「鋼管通2丁目」停徒歩3分
料金/(平日)大人1,540円、小学生1,210円
     (休日)大人1,910円、小学生1,430円
     ※5時間制、タオルセット付き
     ※延長は1時間あたり平日330円・休日440円
     ※小学生未満利用不可
時間/10:00〜22:00、毎週水曜日定休