お湯どころ野川(東京都狛江市東野川)喜多見駅は狛江市の東、世田谷区の西の外れにあって、駅そのものが市区の境界線をまたいでいる。大きな通りでも河川でもなく、生活道路が境界線をなしており、狛江市と世田谷区の街区表示を左右に見ながら、北へ10分ほど。静かな住宅地といった風景が、生産緑地でいったん途切れる。かつての農村地帯が郊外住宅地へと変わり、そういった時代の流れのなかで、お湯どころ野川も開業したのかなと。

お湯どころ野川(東京都狛江市東野川)フロントでは看板猫が置物と化していた。コロナ禍にあってフロントにはビニールシートがかかり、手元のわずかな空間で入浴料などのやり取りをする。しかも猫を気遣いながら。みんなが猫好きだと思っているのだろうか。下足札と引き換えに、ロッカーの鍵とサウナの引っ掛け鍵を受け取るが、その際にいくつかの説明を受ける。

引っ掛け鍵の「引っ掛け」部分を折ってしまう客がいるらしく、手を添えて開けるように。サウナ室では会話をしない。タオルで口元を覆う。いままで意識したこともなかったが、ドアを開けるときはいつも以上に緊張し、そして慎重に。ベンチが2段でヒーターが奥に、テレビを横向きに眺める。水風呂はすぐ目の前にあって、浴室内にも椅子が1つ、露天には椅子が3つ。

浴室内も露天風呂もイルミネーションが張り巡らされ、浴室は湯気でもやっとして幻想的だし、露天は色とりどりに変化し、これまた幻想的。浴室には大きな湯船が1つ。そのなかに電気風呂と種類の異なる3つのジェット。露天風呂は入浴剤を使用した替わり湯としている。「ラベンダーの湯」「水芭蕉の湯」と名付けた2つの浴室は、男女日替わりのよう。それについての詳細はよくわからなかった。



お湯どころ野川(東京銭湯マップ)

お湯どころ野川
住所/東京都狛江市東野川1-30-14 [地図]
電話/03-3488-2642
交通/小田急線 喜多見駅北口より徒歩10分
料金/大人470円、中人180円、小人80円
     サウナは別途100円
時間/16:30〜24:00(日祝は14:30〜24:00)
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)、月2回連休あり