多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)突然の閉店から2年半の時を経て、いこいの湯は運営も新たに「森乃彩」として、10/1にリニューアルオープン。よみうりランドが運営する丘の湯、季乃彩とは姉妹店になるが、温浴施設プロデュースに定評のある楽久屋も大きく関わっており、季乃彩のコンセプトやノウハウが活かされているのだろう。純和風の落ち着きある佇まい、よく手入れされた植栽。これは昔からの客にとって変わらぬ安心感。大きく吹き抜けを設けた館内のつくりは、築16年経ったいまでも古さを感じさせない。

多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)変わった点といえば受付方法。下足箱の鍵にICタグが付いており、フロントで受付したら手首に巻く。脱衣所のロッカーは好きな箇所を使用し、これも手首に巻く。リニューアルしても湯船の配置など変えようもなく、脱衣所から風除室を経由して右に内湯、左に露天風呂。動線が交錯する独特な配置は健在だが、配置図には「ととのいスペース」なる表記が。サウナブームに乗っかろうなど微塵も感じさせないのにちゃっかりと。

多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)最近はどこの店舗にも言えることだが、浴室は客がまばらでも、サウナ室だけはそこそこの客入り。板で隠れているが、その裏は石積みストーブなのだろう。隣にはよもぎの香る塩サウナがあって、轟音とともにスチームが噴き出し、天井からは熱湯がぼたぼた落下。どちらでロウリュをやっても面白そう。深さと奥行きがある水風呂は、スーパー銭湯としては贅沢な部類で、吐水時の水量も激しい。しかし、そこから「ととのいスペース」は遠すぎる。

多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)露天の一角に設けた「ととのいスペース」は、簡単に言えばウッドデッキ。いこいの湯時代からここにあったし、他所で言うところのごろ寝スペース。背もたれの傾斜を付けたのは妙案で、間近に雑木林が迫り、緑の枝葉が頭上を覆う。もちろん露天風呂に浸かりながらも森林浴気分。露天風呂では黒湯の源泉を使用しており、掘削深度は1,700m。岩風呂は源泉かけ流しのあつ湯・ぬる湯に分けており、もう1つ別に加水かけ流しの湯船も。

多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)むかしは2階に岩盤浴があったのだが、いまは休憩スペースとボディケアを集約。ごろ寝の広間に床暖房があるのは、その設備を活かしているのだろう。リクライニングシートも無料で利用できるし、1日ごろごろしていられるなんて最高すぎる。客が持参するタオルのロゴで競合店がわかるけど、ロテンガーデンや竜泉寺の湯八王子みなみ野店など、コスパ合戦も大変だ。ソフトクリームスタンドのような売店があったが、店舗としては少しでも客単価を上げたいところ。東京郊外で緑を眺めながらの露天風呂、ゆったりと流れる時間は貴重なので、こんどの週末はぜひ多摩境へ。

多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)
多摩境天然温泉 森乃彩(東京都町田市小山ヶ丘)

多摩境天然温泉 森乃彩
源泉/仙水の湯(ナトリウム−炭酸水素・塩化物泉)
住所/東京都町田市小山ヶ丘1‐11‐5 [地図]
電話/042-860-1026
交通/京王相模原線多摩境駅より徒歩22分
     多摩境駅または橋本駅よりバス「多摩境通り北」停徒歩3分
     国道16号線「相原坂上」交差点より多摩境通りを約4
     ※無料駐車場約200台分あり
料金/(平日)大人780円、小人450円、幼児100円
     (休日)大人930円、小人500円、幼児100円
     ※小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
時間/9:00〜24:00
     3月・6月・9月・12月の第2火曜日定休