カプセルイン大塚(東京都豊島区北大塚)池袋とは打って変わって、ひと駅となりの大塚は庶民に優しい街だ。大塚でサウナといえば南口のニュー大塚(大塚記念湯)とサウナ玉泉(玉の湯)、そして北口のカプセルイン大塚。とりわけカプセルイン大塚は、駅前広場に面しており、山手線からも看板が見えるから優位性では一歩リード。カプセルホテルだから、6時から24時までとサウナに入れる時間は長い。

カプセルイン大塚(東京都豊島区北大塚)エレベーターを4階で降りて振り返ると、上がり框を境にエレベーターがもう1基並んでいた。外部用と館内用を使い分けており、フロントで受付を済ませ、館内着に着替えたら、こんどは8階へ。すぐ手前に浴室、通路奥に休憩室という配置。自販機が小銭しか使えないのは面倒だなぁと思いつつ、休憩室の給茶機で麦茶を飲む。これぞ庶民派サウナあるある。

パンフレットには「ヒノキの薫るサウナ〜」とあるけれど、実際の室内には香太くん(芳香剤)が並べられていた。上下2段のこじんまりとした室内は、カラッとしているけれど、サウナマットは熱々に蒸され状態。テレビもBGMもないから静まり返っており、そもそも浴室自体にあまり客がいないし、グループでやって来てわいわいする店でもないし。

カプセルイン大塚(東京都豊島区北大塚)

カプセルイン大塚(東京都豊島区北大塚)サウナと水風呂を黙々と往復して約1時間。休憩室ではかつて飲食も提供していたようだけど、いまは持ち込み可能な自由な空間。近所にお住まいならともかく、休日に遠征してのんびり過ごすというよりも、仕事帰りなどにふらっと立ち寄るくらいがちょうどいい。ところで、どことなく雰囲気が似て、料金も似たり寄ったりな3軒を大塚トライアングルと名付けたい。名付けたところでそれ以上は話題が広がらないけれど。

カプセルイン大塚(東京都豊島区北大塚)

カプセルイン大塚
住所/東京都豊島区北大塚2-15-10 [地図]
電話/03-3940-4681
交通/JR山手線大塚駅北口より徒歩1分
     都電荒川線大塚駅前停留所より徒歩1分
料金/90分1,000円、3時間1,300円 ※受付6:00〜退館24:00
     6時間1,800円 ※受付10:00〜退館24:00、カプセル利用可
時間/サウナ・大浴場のみの利用は6:00〜24:00

※サウナ・大浴場は男性のみ