倉知温泉マーゴの湯(岐阜県関市倉知)大阪の堺、新潟の燕三条と並んで、刃物の日本三大産地と呼ばれる岐阜県関市。とくにカミソリの生産においては、国内シェアの約8割を占める。貝印もフェザー(羽印)も関市に工場を構えており、歴史をたどればどちらも関安全剃刀に行き着く。ライバル会社も、もとは兄弟だったというわけか。刃物会館や鍛治伝承館など見所もあるが、今回は一切目もくれず、関市郊外にあるマーゴの湯へ。古くからの名刀の代名詞、関孫六にちなんでいる。

倉知温泉マーゴの湯(岐阜県関市倉知)イオンを核としたマーゴショッピングセンターの敷地内。休日などは買い物ついでの客で賑わうのだろう。愛知県の姉妹店、常滑温泉マーゴの湯と同様に、こちらもイベント盛りだくさん。告知をずらりと掲示しているのもマーゴならではだ。そして、こちらには岩盤浴もあって、ロウリュも開催している。フロントで下足箱の鍵と引き換えに、番号札の付いた岩盤浴セットを受け取る。まずは2階の浴室へ。

倉知温泉マーゴの湯(岐阜県関市倉知)浴室は2階にあって、シルク風呂を筆頭に、ジャグジーや電気風呂などが並ぶ。露天に出ると、岩風呂が2つ隣り合わせにあって、倉知温泉(人工温泉)、入浴剤を使用した替わり湯。ほかに人工炭酸泉や寝湯など。常滑マーゴの壺湯は地元常滑焼だったけど、こちらは信楽焼。美濃焼であってほしかったなぁなどと思ってみたり。露天風呂には2つのテレビを対角的に設置しており、真ん中あたりに浸かっていると、双方のチャンネルの音声が雑じり合う。

倉知温泉マーゴの湯(岐阜県関市倉知)商圏も違うし比べることでもないけれど、露天にサウナ小屋と水風呂がある常滑マーゴに軍配が上がる。その点、こちらの楽しみといえば岩盤浴だ。3階を専用フロアとし、岩盤浴2室、サウナ、クールルームのほか、休憩スペースとして畳敷きの小上がりとリクライニングシートを並べている。サウナではロウリュを1日4回開催しており、元気よく手拍子かけ声スタイル。いろいろな店舗でわっしょい系を体験したけれど、ここは愉快に「ヤッホーヤッホーセイヤッホー」。

倉知温泉マーゴの湯(岐阜県関市倉知)温浴業界では「本家さぬきや」が名前そのままに飲食テナントとして入っており、気楽なファミレス的な印象。また、1階には畳敷きの休憩所も備えているから、風呂のみの客はここで寛ぐことができる。ショッピングセンターや映画館のついではもちろん、岩盤浴とあわせて一日満喫するもよし。名古屋を中心として競争力のある地域だが、地方に行くにしたがってコスパが上回る。店内は活気があり、地域に根付いている印象を受けた。

倉知温泉マーゴの湯
住所/岐阜県関市倉知516 [地図]
電話/0575-21-4126
交通/国道248号線(関BP)「倉知西」交差点より約1km
     長良川鉄道関駅東口より無料送迎バスあり(休日のみ6本)
料金/(平日)大人670円、小人360円
     (休日)大人770円、小人410円
     ※岩盤浴は別途620円
時間/10:00〜24:00(休日は9:00〜24:00)、不定休

※露天風呂と岩盤浴の写真は公式サイトより転載