Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)広大な敷地や床面積を持つ複合型施設をいくつも訪ねたけれど、湯の華アイランド以上の規模は他にあるのだろうか。岐阜県可児市は県庁所在地の岐阜市、東海地方の中心都市の名古屋市より、それぞれ直線距離で30kmほどの郊外都市。市内に主だった見所があるわけでもなく、もしかしたら湯の華アイランドが一番の集客力を誇るのかもしれない。田舎の風景に突如として現れる巨大な看板は、地方観光地の象徴のようにも見える。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)看板に従って車を走らせると、まずは湯の華食堂。道をはさんで地元の生鮮食品を扱う湯の華市場。さらに車を走らせると湯の華BBQ場があって、おしまいに湯の華温泉。建物ひとつひとつは体育館を上回る規模で点在しており、広大な駐車場も備えているのだが、全体の敷地のなかに点在するように個人の民家も数軒建っている。いったい境界線はどうなっているのか。もとは田畑であったであろう土地を買収し、敷地を拡張していったのだろうか。巨大看板から湯の華温泉まで、歩くと500mほどの距離。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)まずは腹ごしらえで湯の華食堂へ。フードコート形式で海鮮丼か定食類か。可児市自体は内陸都市だが、ネタの多さとボリュームが魅力の海鮮丼は、納得の1,080円。下手な観光地なら、倍くらいの金額になりそう。昼下がりもいいところで、客よりも従業員の方が多い。しかし、団体客が大挙して訪れてもいいように、席数はかなり多い。ちなみに市場には屋台も出店しており、まるでお祭り気分。また、市場で購入した食材をBBQ場に持ち込んでも良いが、冬季は休館となっている。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)いよいよ湯の華温泉。と、その前に、どうしても気になるのがモノレールの保存車両。名鉄モンキーパーク線(犬山モノレール)として2008年まで走っていたという。車内には歴史資料が展示され、ここは大正末期から終戦頃まであった観光旅館(北陽館)跡地だとわかった。木曽川峡谷の「日本ライン」川下り発祥の地のようだ。モノレールの観覧時間は9:00〜20:00で、車内からは悠々と流れる木曽川の眺め。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)湯の華温泉は、南国リゾートを思わせる外観。大浴場だけでも比類なきビッグスケールだが、ぜひとも時間に余裕をもって岩盤浴も利用してほしい。健康ランドのような大衆的風情がありつつも、館内をどう行ったらよいか、フロアマップで確認しないとたどり着けない。湯船の数が多すぎて、浴室ですらどう攻めるべきかわからない。温泉は地下1,800mから湧出する無色透明の湯で、浴室内と露天岩風呂(かけ流しあり)で使用。温泉そのものというよりも、露天風呂からの景色だったり、バラエティに富んだ湯船を楽しむ施設だ。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)露天風呂からは木曽川を眺め(写真はモノレールからの景色だが、ほぼ似たようなのどかさ)、ちょうどイルミネーションの時期だったので、塀にはまばゆいほどの電飾が。岩風呂と炭酸泉の両方にテレビが設置され、どちらのチャンネルも気になってしまう。名物の真玉石風呂は中国から買い付け、くり抜いた壺湯風の湯船。ほかにジャグジーやシルク風呂、日替わり湯など、多彩な湯船の数々が並び、幅広い世代の客で賑わっていた。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)

サウナは三宅島の溶岩をごつごつと壁に埋め込んだタワー型。露天には薬草スチーム塩サウナもある。水風呂は14℃と攻めており、そして風が吹き抜ける外気浴が気持ちいい。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)さて、岩盤浴着に袖を通し、改めてフロアガイドを見ると、なんと岩盤浴エリアは3フロアもあった。多くの人がイメージする岩盤浴室だけで4室(うち1室は女性専用)、箱型のプライベート空間が3室、汗蒸幕スタイルのドームスパ(サウナ)が2室、さらに200名収容の大ホール。どこから回って良いかわからないし、リクライニングシートで爆睡していた気がするし、全部を満喫しようと思わない方が良いなと。いくら時間があっても足りないし。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)結局はラストオーダーギリギリになってしまい、ホルモン鉄板焼きとか特段珍しくないものを注文。和洋中に加えて韓国料理にも力を入れているようだ。レストランも広々としているので、家族づれや大人数にも対応するが、メニューが本格的だからかリーズナブルな料金設定とは言い難い。しかしながら半日以上を満喫したし、これだけのビッグスケールとあらば、気合いとお金をじゅうぶん持ってから訪ねるべきだろう。

Spa Resort 湯の華アイランド広場(岐阜県可児市土田)

Spa Resort 湯の華アイランド広場
源泉/湯の華温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物泉)
住所/岐阜県可児市土田4800-1 [地図]
電話/0574-26-1187
交通/名鉄西可児駅またはJR美濃太田駅より無料送迎バスあり
     国道41号線「大脇」交差点より約400m
     ※無料駐車場1,000台分あり
料金/大人平日800円・休日900円、小学生450円、幼児200円
    岩盤浴は大人平日800円・休日900円、小学生450円
時間/9:00〜25:00、年中無休