日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)郊外立地で大型駐車場を備えているとはいえ、すべての客が車で訪れるとは限らないのだから、せめて近くに路線バスが通っていれば。上尾駅より日々喜の湯方面に至る市内循環バスは、1日数本。アクセスにかなり難あり(10分ちょっと歩けば東武バスが通っていたし、なぜ公式サイトに掲載しないか)。電車の遅延でバスには乗れず、仕方なく約3.5kmの道のりを歩いていくことに。途中で雨に降られたし、最悪の気分。

日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)もとは「湯の道利久 上尾店」といい、わずか6年の短命で閉店。新たな運営会社のもと、約3か月の改装期間を経て、昨年11月26日(イイフロの日)に「日々喜の湯」として営業再開。岩盤浴エリアが充実したらしいけど、フロントや館内においても宣伝が不十分で、平日に至っては利用客も少なそう。岩盤浴3室のほか、ロウリュサウナ(毎週日曜日12時・16時・20時開催)、リクライニングシートの専用休憩室などを持て余している。そもそも岩盤浴着を販売して、持ち込み(自宅で洗濯)などという料金形態はほかで聞いたことがない。



上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)下足箱や脱衣所ロッカーは数が多すぎて、集客目標を見誤っているのか、かえってがらーんとした印象を与えているような気も。脱衣所からは左右に扉があって、浴室と露天風呂に通じている。築7年とあって全体的にきれい。

浴室内には円形で深めの炭酸泉や白湯、ジェットバス、サウナと水風呂。サウナは円形ストーブが2基もあることだし、もっと流行を意識したらよろしいかと。

露天風呂は広々として開放感あり。大小2つが隣接した岩風呂をメインに、壺湯2つ、檜風呂、寝湯とひと通りの湯船が揃っている。茶褐色の温泉は塩分を多く含み、じんわりとよく温まる。雨に降られたからなおさら。近郊には花咲の湯さいたま清河寺温泉といった泉質自慢の人気店もあるし、実はレベルの高い地域なのだ。

上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)露天風呂でうとうとしてしまったので、1階の畳敷き休憩室でしばし寝直す。上尾まで来ると休憩室でも悠々と寛げるのがいい。残念ながら食事メニューにはそそられるものがなく、昼ピークですら客はまばら。平日はこんなものと割り切っているのか、それともオープンして2か月で苦戦の最中か。スーパー銭湯らしくもっと賑わいがほしい。

上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)せっかくの岩盤浴エリアを活かすべく、セット料金を基本にするとか、ランチ付きプランを打ち出すとか、滞在客を増やすべく大きな一手を打ってもよいのかと。消費増税で値上げした店舗が多いなか、それと逆行するように先月入館料を値下げしたが、そもそも料金を見合った(それ以上の)サービスを提供すればよいわけで。まだまだ伸びしろはありすぎる。

上尾天然温泉 日々喜の湯
源泉/上尾天然温泉 日々喜の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県上尾市中分2-180-1 [地図]
電話/048-780-0026
交通/国道17号線(上尾道路)「小敷谷東」交差点より約1.7km
     国道17号線(中山道)「久保」交差点より約3km
     JR上尾駅西口よりバス「大久保」停徒歩11分   
     または市内循環バス利用(平方丸山公園線・大石領家北上尾線)
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人700円、小人350円
     (休日)大人800円、小人400円
     岩盤浴販売2,500円、持ち込み150円、レンタル350円
時間/9:00〜24:00、年中無休