浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)国内貨物輸送48億トンのうち、9割を占めるトラック輸送。その事業者団体が全日本トラック協会で、昼夜ともなく走り回るトラックドライバーの休憩施設として、全国27か所にトラックステーションを運営している。道の駅のトラック専用、あるいは昔ながらのドライブインを想像してもらえば良いのか。食堂や仮眠室、コインシャワーなどを備えており、数は少ないが湯船のある施設も。さらにサウナまでとなると、全国でもただ一軒、浜松のみ。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)東名高速の浜松ICを降りてすぐ、浜松トラックステーションは流通団地の一角にある。広大な駐車場はトラックで埋め尽くされていたが、建物前面の数台分が一般車の駐車スペース。地味すぎる外観に一般客ウェルカムな雰囲気は漂っておらず、しかしエントランスから見える食堂の灯りにほっとする。写真付きでメニューを掲示しているし、食券購入だし、初めての人でも安心。というわけで、先に食事を済ますことにした。

IMG_1779ご飯のおかわり自由。おかずのボリュームは期待の方が大きかったか。食堂の一部は売店となっており、やはりトラックドライバー愛用の品揃え。雑誌は写真週刊誌とグラビア誌が半々くらいと微笑ましい。そして、満を辞して浴室へ。券売機でチケットを購入するが、トラック協会員と一般客では料金が異なる。窓口兼事務所のおじさんに提示し、薄暗い2階へと階段を上る。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)無駄にだだっ広い空間にスチールロッカーが並ぶ。常連が鍵を持ち帰っているのか、単なる紛失なのか、使用不可の箇所が多い。浴室には湯船、水風呂、サウナが1つずつ。おそらくかけ湯ともう1か所は蓋がされ、使用不可となっている。会員の福利厚生の名目ならアリだけど、ちょっと管理が悪すぎる。サウナは入室の一歩目からすのこ板はガタガタ鳴るし、薄暗いし、テレビはおろか時計すらない。

浜松トラックステーション(静岡県浜松市東区流通元町)トラック野郎のイメージが古いのか、客層はじつに穏やかで、しかし言葉を発する人はいない。と、そこに入れ墨を背負ったお兄さんが現れ、湯船の中で髭でも剃っているのかと思いきや、美顔ローラーで黙々とコロコロと。こんどは週刊誌を手にサウナ室へ。もしタイミングが重なったら、緊張感しかなかっただろうなと。浴室外にはリクライニングシートも数席あるが、入れ墨のお兄さんは大胆にも全裸のまま。ゆっくりと寛ぎ、英気を養ってほしいなと。

浜松トラックステーション
住所/静岡県浜松市東区流通元町2-3 [地図]
電話/053-421-5311
交通/東名高速道路浜松ICより約300m
     国道1号線・国道152号線「北島」交差点より約1.6km
     ※無料駐車場あり
料金/一般700円、協会員480円、小中学生210円
時間/浴室営業は12:00〜翌10:00(サウナは12:00〜25:00・6:00〜10:00)