天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)新習志野駅前のミスターマックスショッピングセンターに、温浴施設がこのたび新規オープンした。京葉線沿線で駅徒歩圏とは、貴重かつ待望と言えるだろう。電車はもちろん、東関東道や湾岸道路(国道357号線)のアクセスも良く、SC自体に大型立体駐車場を完備。基本は日帰り温泉でありながら、キャビンでの宿泊も可能とあって、ディズニーリゾート、幕張メッセ、マリンスタジアムなど多様な利用方法が考えられる。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)店舗は駐車場側のエレベーターで3階へ。下足箱の鍵がそのまま清算用リストバンドとなるシステムで、自動改札の通過で入館料が登録されるのだろうか。浴室利用のみならば、フロントをスルーしてそのまま館内へ。岩盤浴利用や子づれの場合はフロントに立ち寄って、売上を加算する。すべての客がフロントに立ち寄らないので、フロントの混雑回避と人件費の抑制には繋がるけれど、「いらっしゃいませ」の声掛けがないのは寂しい。

IMG_0421フロントのすぐそばにある更衣室は、岩盤浴や館内着を利用する客のために。もちろん浴室側には脱衣所もある。更衣室・脱衣所と呼び名を分けているけれど、以下の2点で悩ませるし、正解がわからない。ヾ簇徑瓩任いた汗を浴室で流し、濡れた岩盤浴着に再び袖を通す。岩盤浴でかいた汗を濡れた大判タオルで拭き、私服に着替える。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)広々としたホールの先に、岩盤浴エリア。温度の異なる2室は、いずれもセラミックタイル敷き。さらに55℃のサウナ室では、オートロウリュを2時間おきに開催。始まりも終わりもわからず、本当にロウリュが作動したのかわからずじまいで、正直いまいちな感じ。浴室サウナよりも広いので、スタッフによるパフォーマンスがあれば楽しいかも。クールルームは10℃の小部屋で、ほかに簡易的な休憩スペースをわずかに設けている。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)岩盤浴でうとうとしていたら、食事のラストオーダーを知らせる館内放送が。その大音量に飛び起き、メニューを見ながらあれこれ悩むも、気づいたら店じまいをしていた。ラストオーダーが21:30とは都会の施設ではあり得ないが、3分前とはいえ放送を流すだけ親切か。直営カフェのほか、はなまるうどんやCoCo壱番屋など計5店舗からなるフードコート形式。キッチンを中央に設け、温浴側と外部の双方から利用できる形式。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)看板の矢印に従い、通路をくねくね進むと浴室。ロッカーは当然ながら鍵付きで、いくつものリストバンドを手首に巻くことになる。脱衣所から風除室を経て左に露天風呂。右に浴室。湯船の数は多いけど、意外とコンパクトな印象も。サウナ室では1時間おきにオートロウリュが作動し、10秒×3回でそれなりの熱さに。最近のトレンドを意識して「ロウリュ」を掲げてはいるけれど、サウナや水風呂は極めて万人向け。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)露天風呂では茶褐色の温泉を使用し、源泉掛け流しの湯船もある。長湯禁物の注意書きもあるが、ほどほどのぬるさが眠気を誘う。テレビもあるが、その背後の大型スクリーンでは習志野市の観光紹介などを映し出している。

千葉工大とのコラボを通じ、新しい施設といえども近隣との繋がりで、積極的に地域色をアピール。ちなみに習志野市は、明治天皇が演習場を視察した際の「習え篠原」に由来するとか。篠原少将についてはご自身で調べてほしい。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)気づけば閉店間際。とはいえ、キャビン(カプセルホテル)に宿泊する客もいるから、人影まばらな館内。最後は自動精算機で支払いを済ませる。 ちなみに、キャビンは男性60部屋、女性46部屋の計108室で、宿泊は3,800円より(日にちによって異なる)。チープに夜を明かすならばリクライニングシートにて。入浴と深夜パックで平日2,700円。温泉、岩盤浴、サウナ、キャビンといいとこ取りの印象だが、賑わいとともに良くなっていきそうな店舗だ。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)


天然温泉 湯〜ねる
源泉/新習志野温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県習志野市茜浜2-2-1 [地図]
電話/047-409-3726
交通/JR京葉線新習志野駅より徒歩2分
     国道357号線(湾岸道路)「香澄」交差点より約200m
     ※駐車場897台分あり
料金/岩盤浴プラン:平日1,300円、休日1,400円
     入浴プラン(大人):平日900円、休日950円
     入浴プラン(小人):平日400円、休日450円
     朝風呂(大人):平日500円、休日600円
     朝風呂(小人):平日300円、休日350円
     深夜パック(25時以降自動加算):平日1,800円、休日2,400円
時間/10:00〜25:00(深夜滞在可、朝風呂6:00〜8:00)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載