ロッテ×横浜(千葉マリン)ロッテとの交流戦を観戦すべく、千葉マリンスタジアムへ。ロッテが3年目の種市、横浜が2年目の阪口とはどちらも存じ上げないし、完全にローテーションの谷間。ならば早いうちに攻略して優位に立ちたい。そんな思惑は言わずもがなで、阪口はあっけなくお役御免。完膚なきまでに打ちのめされたならまだしも、1回2/3で3失点とは本人にとって悔いの残るマウンドだったはず。次があるのかわからないけど、また頑張れ。

ロッテ×横浜(千葉マリン)むしろ種市を打ちあぐね、攻略の糸口すら見出せないのが問題。よくもまぁバットがくるくるくるくる回るなぁと。中盤以降でもストレートは150キロでバシッとくるし、スライダーやフォークがキレッキレなんだな。若手らしく気持ちのいい投げっぷり。ツーアウトながら満塁の絶好機でも得点できず、結局はソトの一発のみ。なんとももどかしい。

ロッテ×横浜(千葉マリン)主砲筒香は4三振とひときわ精彩を欠き、どんよりとした打線を象徴しているかのよう。貴重な梅雨の晴れ間なのに、どんよりしてどうする。