炭の湯ホテル(名古屋市中村区亀島)高速バスが早朝の名古屋駅に到着したら、さっそく朝風呂で疲れを癒したい。男性ならウェルビー名駅店、女性も利用可なら名古屋ビーズホテル(らくだの湯)が6時オープン。もっとチープならば太閤通口より徒歩5分の「炭の湯ホテル」が便利だ。大浴場は一般公衆浴場として営業しており、愛知県の銭湯料金410円。6時半のオープンを待ちきれない客もちらほら。地元客はもとより、旅行者にも知られた存在のようだ。

炭の湯ホテル(名古屋市中村区亀島)券売機でチケットを購入し、フロントに提示する。銭湯なのでタオルやシャンプー、ボディソープなどは持参すべし。無ければフロントで購入する。脱衣所からわずかな通路の先に浴室。その手前にサウナと水風呂がある。サウナは別料金でないものの、朝は照明がついておらず、ただのぬるい空間(公式サイトによれば50〜60℃の設定)。なお、サウナ利用の際はバスタオル持参あるいはレンタルのこと。

炭の湯ホテル(名古屋市中村区亀島)浴室内には木曽檜風呂、座湯ジェットと電気風呂。露天風呂は炭の湯の名前の通り、紀州備長炭を底に配置し、狭いながらもこだわりの湯船。木酢液も入れているのか独特の匂いも。窓と屋根がガラス張りで、正確には露天風呂と呼んで良いのかわからないが、外気を取り入れ、ぬる湯でリラックスできるはず。とは言いつつも、皆さん仕事なのか旅行なのか、早朝は客の回転が早い。

炭の湯ホテル
住所/愛知県名古屋市中村区亀島2-11-8 [地図]
電話/052-462-8311
交通/JR名古屋駅太閤通口より徒歩5分
料金/大人440円、中人150円、小人70円
時間/銭湯は6:30〜9:30(土日は〜11:00)・16:00〜23:00、年中無休

※サウナと浴室の写真は公式サイトより転載