サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)京都タワーには目もくれず、塩小路通を東に徒歩3分、ベルデクラブは抜群の立地にある。ベルデ(VERDE)はイタリア語やスペイン語では「緑」の意味だが、見てくれは古びた雑居ビル。エレベーターは1台故障中だし、1階の洋風居酒屋は夜だけ営業。ついでに言うと、同じビルの3階〜4階では銭湯(東湯)も営業しているが、こちらは15時から。ビル全体からひっそり感が漂っている。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)エレベーターのドアが開いたら、目の前にフロント。正午の開店早々に訪ねたが、しーんと静まり返っており、よもや無人かと思いきや棚で隠れて見えないだけだった。挨拶されるでもなく、淡々としたやり取りで館内着とタオル、ロッカーキーを貰う。フロア案内の写真パネルは色あせて何もわからないし、不安ばかりが募る。とりあえずは階段を上がって浴室へ。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)

サウナには森林浴発生装置が付いており、「世界の百余種の樹から抽出した古代オリエント風の香り」とのこと。自分が鈍感なのか香っていないのか、ごく普通の遠赤サウナ。いざという時のためにドアは外開きに設計するが、ここは逆。おまけに蝶番がキーキー鳴るし。水風呂は腰ほどの深さで、塩素のタブレットが沈んでいる。忙しなくサウナと水風呂を往復する人とか、サウナで横になって寝ている人とか、おじサウナあるあるの光景。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)

円型の打たせ湯と、それを囲むようにして半ドーナツ型の湯船、小判型の替わり湯があって、外周に洗い場。客は疎らにしかいないので、なんとなく広くも見える室内。ひとしきり堪能して、ワッフル地のガウン、ペラペラの下衣を身にまとい、休憩室へ。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)リクライニングでタバコが吸えるし、カウンター形式のレストランもある。食事をする客はいないが、むしろ店員に差し入れをするとか、ほのぼのとした光景。仮眠室は薄暗い中に二段ベッドが並んでおり、朝まで過ごしても2,500円。真っ昼間からいびきをかいて寝ている人もいたけれど、あとでネットを見たらいかがわしい情報も。公式サイトは爽やかな印象なだけに、安さと立地以外の魅力を磨いてほしいなと。

サウナベルデクラブ ※男性専用
住所/京都市下京区塩小路通東洞院東入東塩小路町684 [地図]
電話/075-371-2210
交通/地下鉄京都駅より徒歩1分、JR京都駅中央口より徒歩3分
料金/1,500円(12:00〜20:00)、2,000円(20:00〜深夜3:00)、1,000円(6:30〜9:30)
     120分コース1,200円
時間/12:00〜翌10:00、年中無休