港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)港北ニュータウン(センター南)に湯もみの里がオープンして丸1年経とうとしているが、至近距離で営業するスパガーディッシュは館内改装を経て、昨年12月8日より名も新たに「港北天然温泉ゆったりCOco」としてリニューアルオープン。もともと完成された繁盛店だっただけに衝撃を受けたが、時代とともに進化する攻めの姿勢が素晴らしい。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)横浜市営地下鉄センター北駅、センター南駅のちょうど中間。複合型商業施設「港北みなも」は立体駐車場1,000台収容だから、車でのアクセスにも便利。ゆったりCOcoと同じフロアには子ども向けの室内遊園地、系列のフィットネスクラブなども。温浴施設にフィットネスを併設する例は最近のトレンドと言えるが、10年前なら先駆けの部類。浴室にはフィットネス会員専用の出入口を設けている。

リニューアルで変わったのは料金体系。手軽な90分プラン、タオルと館内着がセットになったフルタイムプランに分けた。入浴だけで済ますならば安く利用できるようになったし、新たな客の取り込みと回転が狙いか。フルタイムはほぼ据え置き料金で、受付時に棚からタオルや館内着を取っていく。あらかじめバッグに入れてセットにしても、館内着を使わず返却していた人もいただろうし、この無駄を回避する狙いかと(店舗としてはバッグ詰めする手間も省ける)。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)階段を上がると浴室フロア。男女の暖簾が下がり、その真ん中の待ち合い空間は、畳敷きからポンドソファやボールプールへ。この一角には岩盤浴もあって、有料のホットヨガスクール(詳細)も開催している。脱衣所はロッカーが番号指定で、浴室と露天風呂の双方に出入口あり。もちろん浴室から露天風呂にも通じている。この店の自慢は地下1,503mから湧出する温泉で、紅茶のような色合い。浴室内の湯船ではかけ流しで使用し、露天では人工炭酸泉として使用している。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)このほか浴室内にはジャグジーとバイブラを、露天風呂にはハーブ湯やミルキーバスなど充実の内容。変わり種はスチーム腰かけ湯。もうもうと白い湯気が立ち込める室内では、腰かけ湯と足湯が同時に楽しめる。露天は高い塀に囲まれて開放感はないが、広々として開放感あり。男湯は四角い湯船ばかりだが、女湯は円型湯船が多く、男女の好みの違いを考えさせられる。フィンランドサウナのコンディションや雰囲気も良く、ロウリュをやれば人気が出そうだが。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)

漫画本は3万冊に増加。メインの休憩スペースは改装によって、ハンモックなど公園を意識した「ゆったりパーク」、押し入れボックスもある「ゆったりベース」へ。リクライニングシートだった時は空席を探すのも大変だったが、ごろ寝感覚の大空間に変えたら収容客数自体は増えたのかも。寛ぎのアイテムはもっと増やせそうだし、さらなる進化の余地は残している。レストランもラストオーダー間近だと閑散としていたが、スパ銭らしく休日は家族づれで賑わうのだろう。

ところで、ゆったりCOcoという変わった店名。企業ページによれば、「居心地の良い第3の場所」「心からのリラックス」「家族で温泉を楽しむ」という意味が込められているようだ。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)

港北天然温泉ゆったりCOco
源泉/横浜温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市都筑区中川中央2-7-1 港北みなも3階 [地図]
電話/045-595-0260
交通/横浜市営地下鉄 センター北駅・センター南駅より徒歩5分
     国道246号線「荏田町」交差点より約2.2km
     ※駐車場1,000台分あり(3時間無料)
料金/90分:平日860円、休日1,040円
     フルタイム:平日1,280円、休日1,460円 ※タオル・館内着付き
     子供は全日640円(フルタイム・館内着なし、3歳〜小学生)
     岩盤浴は別途515円(時間無制限)
時間/10:00〜24:00、偶数月の第1水曜日定休

(浴室とサウナの写真は公式サイトより転載)