キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)東京駅から高速バスで3時間。東北というと遠く感じるけど、いわき市は意外と近い。福島県内最大の人口を抱えるだけあって、駅前は大型都市の貫禄を示していた。ビジネスホテルも多くあるが、カプセルホテルとなるとキュアいわき駅前店ただ一軒。もちろんサウナだけの利用もできる。

利用コースは4時間か24時間。しかも4時間コースはメンバー専用みたいな記載だが、実際は関係なく誰でも利用できる。入会金も年会費も無料だし、そもそも会員登録も勧められなかったし。下足箱の鍵を預け、ロッカーの鍵とタオルの入ったバッグを受け取る。館内着はロッカー室にあり。そして代金は後払い。フロントの説明はとても丁寧で好感が持てる。

キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)ロッカー室で館内着に着替えたら、地下の浴室へ。スタッフオンリーの空間が多く、1階はかつてのボディケア、地下はアカスリ部屋か。奇しくもこのビルの両隣はボディケア、アカスリの路面店。事前予約だけスタッフの派遣を乞うなど、協力を願えないものか。無駄に空間を余らせておくのはもったいない。

平日の昼時とあって客は少なく、浴室の床は乾いてしまっている。「空いている方がよい」と仰る人は、いますぐ訪ねたらよい。2〜3人のために営業させるのは申し訳ない。もっとも夜は仕事帰り、はたまた終電や終バスを逃したサラリーマンで賑わうのだろうけど。

キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)サウナはコの字型にベンチを設け、20人程度は収容できそう。石積みのヒーターでは、日曜日と月曜日だけロウリュイベント開催(16時から)。通常は乾き気味の92℃で、可もなく不可もなく。水風呂が17℃を下回るのは、いまやスーパー銭湯でも珍しくないが、塩素感ある匂いとピリピリ感はいまどきスーパー銭湯でも体験できない。椅子4脚のうち、どれがヌルヌルしていないか、まるでババ抜き。あとは42℃の浴槽があって、サウナ店としての最低限のアイテムは揃っている。

キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)休憩室は2階にあって、レストランも営業をやめてしまっている。コンビニなどからの持ち込みも可能としているが、この空間でひとり弁当を頬張る姿は寂しすぎる。カプセル客なら駅前の飲食店で先に済ますべき。そして、リクライニングシートの方は薄暗く、そこそこ安眠できる。サウナ店だと浴室より休憩室に客が埋まっていたりするが、この店はどうしたものか。

キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)駅至近の好立地を活かし、もっと集客したい。賑わいがあれば、ボディケアもアカスリもレストランも復活して、賑わいの連鎖を生むはずだ。手ぶらでふらっと立ち寄り、だらだら過ごす至福の4時間。これをもっと市民に広めたいし、たとえば館内着の付かないショートコース(銭湯感覚)、はたまた出前OKのロングコースなどがあっても面白い。仙台のキュア国分町とは姉妹店なのだし、いい知恵を貰えるならば、きっと浜通りのサウナ文化も盛り上がるはずだ。

キュアいわき駅前店 ※男性専用
住所/福島県いわき市平白銀町10 [地図]
電話/0246-23-1126
交通/JR常磐線いわき駅南口より徒歩5分
料金/ファストプラン(4時間)メンバー800円
     ノーマルプラン(24時間)メンバー1,800円、ビジター2,800円
     ※入会金・年会費は無料
     ※深夜料金600円(0:00〜5:00に入館・在館、退館が0:00を超える場合)
     ※料金はいずれも税別
時間/24時間(10:30〜12:30はシャワーのみ)