アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)郊外ニュータウンの成功例として語られる、千葉県佐倉市のユーカリが丘。街を丸ごと開発し、鉄道まで走らせる山万の力の入れよう。いまも地域に根を下ろし、約40年の間に変化したライフスタイルにも対応している。循環型社会創出活動についてはグッドデザイン賞(2018年)を受賞した。ユーカリが丘の癒しと健康を担うのが、アクアユーカリだ。この店舗も山万グループ。その建物規模は健康ランド級で、店頭に露天風呂やプールの巨大写真パネルが並ぶ。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)かつてはタオルセットと館内着付きのセット料金としていたが、今年9月8日から新料金の積み上げ方式とした。大人1,620円(休日1,950円)が900円になったのだから、かなり利用しやすくなった。フロントでは下足箱の鍵と引き換えにロッカーキーを受け取り、入館料を含む館内利用は全て後払い。浴室は2週間ごとに、さくらの湯、ユーカリの湯が男女入れ替わる(訪ねた日は男湯がユーカリの湯)。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)水着着用のアクアゾーンは通年営業(屋外は冬季閉鎖)で、入館料だけで利用できる。家族づれやカップルなら、この時点でお得感あり。脱衣所から移動できる。ちなみに岩盤浴(別料金)は女性8床、男性3床と広くないせいか、予約制としており、そもそもなんとなく利用しづらい雰囲気。どの程度の利用があるのか気になるところ。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)前置きが長くなったが、「地中海のお風呂」をイメージしたという浴室、ユーカリの湯へ。洋風なのは理解できたが、地中海かどうかは個人の感性に委ねたい。ジェット噴流によるトルネードバスには、古代女性像が飾られてはいるが。全体的にお湯がざあざあ溢れており、清潔感あり。難解な説明書きの付いた人工ラジウム温泉が唯一のぬる湯で、ほかは概ね40℃超。露天には岩風呂や檜風呂など。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)サウナは2室あって、どちらも扉付近に立ちシャワーがあるし、そもそも皆さんマナー良好。穏やかな街のイメージ通り。穏やかと言えばサウナの温度も。しかし、高温サウナ82℃の表示に惑わされてはいけない。ヒーター2台は侮れない。効果はわからないが、壁一面に備長炭を設える努力も評価したい。塩サウナ72℃は、のぼせるような思い。広くて深い水風呂でじっくりクールダウン。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)気合いを入れたハロウィンの装飾やゲームコーナー、週末イベントなど、ファミリー層の集客には努力している様子。しかし、平日の昼間はシニア憩いの湯。中央ロビーで四方山話に花を咲かせていた。利用客のいないゲームコーナーがむなしく、カフェスペースは用途転換して休憩所と無人のボールプールに。明らかに広さを持て余しており、最近流行りのフィットネスコーナーにでもしたら面白そう。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)ゲームコーナーの先には畳100帖の休憩室。地域サークルの練習や発表会、団体の会議室などにも活用できそう。2階にはリクライニングシートが並び、こちらは子ども不可だから静かに過ごせる。レストランは和食を中心に、シニア好みのメニューが豊富。店名の「団らん」が示す通り、三世代の利用を理想としているのだろう。加えて、100名収容の宴会場もあるのだから、たまにしか活用されないのではもったいない。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)入館料を下げたぶん、客数を上積みしなければ意味がないはず。週末のファミリー層狙いはよく考えているし、実際に賑わいを見せるのだろう。スーパー銭湯の多くが休日と平日で別の顔を見せるように、この店も平日昼間の集客が課題なのかもしれない。地域商業はユーカリが丘内で間に合っているのかもしれないが、新料金をPRして商圏拡大を図り、さらなる賑わいを求めたい。

アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)
アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)

アクア・ユーカリ
住所/千葉県佐倉市ユーカリが丘3-2-1 [地図]
電話/043-448-1001
交通/京成本線ユーカリが丘駅より徒歩4分
     山万ユーカリが丘線 地区センター駅より徒歩1分
     国道296号線(成田街道)「ユーカリが丘駅前」交差点より約300m
     ※駐車場500台分あり(8時間無料)
料金/大人900円、子供500円(4歳〜小学生)※税別
     岩盤浴は別途600円(45分間・予約入替制)
時間/10:00〜24:00、年中無休