湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)松原団地駅という名前の響きも素敵だったが、いつの間にか獨協大学前駅へと変わっていた。都県境を越えて草加市へとやって来たが、湯屋処まつばらの入館料は平日大人550円。都内の銭湯でサウナ料金を払うより断然安く、駅徒歩5分の好立地にして駐車場無料。地元客のみならず、足立区あたりから都民も大挙して訪れるに違いない。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)下足箱に靴を仕舞おうと、ふと見れば「鍵をかけないと靴がなくなります」と。「鍵を持っている人に所有権がある」「靴に記名がないと所有権の判別が難しい」などと穏やかでない。券売機でチケットを買い、フロントへ。物販コーナーには「監視カメラ作動中」とあちこちに。そして、階段を上がって2階浴室へ。禁止事項として、「湯屋処まつばらの許可なく、他の客に寄付を請い、物品を販売し、物品を配布すること」。こんな貼り紙は他所で見たことがないし、過去に何かトラブルでもあったのだろうか。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)しかし雰囲気はいたって普通のスーパー銭湯。多少の年季を感じさせるが、客層とともに歩んでいる感じ。主軸はシニア世代で、平日の昼間とあってのんびりした空気感。ジャグジーやバイブラ湯などを総称した個性バスコーナーは、全体が1つの湯船。湯量を考えれば濾過機も相当な大きさか。替わり湯はぬるめで心地よく、背中合わせにある水風呂は19.5℃と、冷たさが好まれる昨今においても我が道を貫く。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)

6段タワー型の高温サウナには遠赤ヒーターを2台置き、「健康増進のため」に90℃設定。大声での話を慎むよう、四方に注意書き。高温サウナの12分計が故障中ならば、スチームサウナは温度計の針が50℃を振り切っている。ぬるくて居心地悪いので数分で退室。好みは分かれるところ。

露天風呂は昇温装置が故障中。満身創痍な感じが否めないが、それでも38℃を指しているのだから、この夏は不感温度で良いのではないかと。記録的猛暑の夏には、むしろ水風呂感覚でも良いのかもしれないし。こうも暑いと、さっと汗を流せる風呂屋が近所にあったらありがたい。湯屋処まつばらは朝から晩まで年中無休。普段使いの銭湯だ。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)

湯屋処まつばら
住所/埼玉県草加市栄町2-3-16 [地図]
電話/048-930-5526
交通/東武伊勢崎線獨協大学前駅より徒歩5分
     国道4号線・外環道草加IC「新善町」交差点より約2.6km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人550円、小学生270円、幼児170円
     (休日)大人650円、小学生330円、幼児220円
時間/7:00〜24:00、年中無休