アクア東中野(東京都中野区東中野)都内ではサウナの利用を別料金としている銭湯が多い。銭湯(入浴)自体は大人460円と決まっているけれど、サウナに関しては自由料金。世間では幾らまでなら許容範囲なのか。アクア東中野の料金を聞いて驚いたが、それだけ期待しても良いとのことか。ひさしぶりに訪ねた東中野駅。新宿から2駅で、とかく若い人が多い印象。アクア東中野の客も同様。2010年11月に全面改装とのことで、若い客でも利用しやすい銭湯なのだろう。

アクア東中野(東京都中野区東中野)フロントで900円を支払い、引っ掛け鍵とバスタオルを受け取る。サウナ客の専用ロッカーがあるわけでもなく、浴室内に専用エリアがあるわけでもなく。追加料金440円の内訳は、サウナ室とバスタオルの利用分のみ。

洗い場は一列に一組の割合で、シャンプーとボディソープの備え付けあり。使用している水は軟水処理しているから、洗い上がりは多少ぬるっとした感じ。人工炭酸泉があるのも最近のトレンドで、どうしても利用時間が長くなるし、お湯に浸かりながら観られる大型テレビの設置もそう。入浴2時間、サウナ3時間と利用制限を設けている。

アクア東中野(東京都中野区東中野)サウナは向かい合わせに2段、1段の計10人ほどが座れる広さ。遠赤ヒーターで温度計は104℃を指していたから、なかなかの熱さ。ウレタンマットはなぜか誰も使わず、排気口が閉じていたせいか心なしか湿気たにおいも。

水風呂は19℃でシャキッと冷たいが、この銭湯を訪ねる客の目的はミニプールだろう。こちらは25℃だから入浴客の温冷交互浴にも。長さ5〜6mはあろうか、ほかに客がいなければ泳いでみたかも。L字型に奥まった先には、イベント湯として竹酢液を使用した湯船も。土地柄というべきか露天風呂の開放感はなく、外気を感じるという程度。

地方のスーパー銭湯なら900円でお釣りもくるし、タオルも持たずに入浴する若い客の姿に考えさせられる点もあったが、銭湯のレベルとしては高い位置にあるなと。銭湯未経験でもふらっと立ち寄れる気軽さを感じた。

アクア東中野(東京銭湯マップ)

アクア東中野
住所/東京都中野区東中野4-9-22 [地図]
電話/03-5330-1126
交通/JR総武線東中野駅東口より徒歩2分
     都営大江戸線東中野駅A1出口より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナ込み900円
時間/15:00〜24:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)