天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)湯舞音と書いて「ゆぶね」と読む。龍ヶ崎店だが、いまのところ他に姉妹店はない。スパ銭の名前も色々だ。というわけで利根川を渡って、遠路はるばる茨城県龍ケ崎市へ。新興住宅地として開発された地区の、ショッピングモールの一角。共用の駐車場も大きいが、各店舗の規模も大きい。そのなかで、湯舞音は龍ヶ崎初の天然温泉、地域最大規模の複合施設として先月26日にオープン。祝い花の中には建築大手、新昭和の名前も。気になって調べてみたら子会社が運営しているようだ。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)

フロントで下足箱の鍵とリストバンドを引き換える。ICタグが付いており、館内利用のほか、ロッカーの開閉もこれで行う。2階に上がると、まずは併設するフィットネスクラブ。会員の温泉利用は無料だから相乗効果が期待できるというわけ。そして脱衣所があって、浴室へと続く。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)夏は不感温浴バイブラ(36℃)が気持ちいい。あちこち浸かって、戻るのは結局ここ。その隣には入浴剤を使用した週替わりのイベント湯。露天にはうっすらと湯を張った寝ころび湯、つぼ湯のほか、温泉を使用した湯船が2つ。地下1,000mから湧出した強塩泉。黄緑がかっているが、炭酸泉の方は無色透明。やはりと言うべきか、この店のいちばん人気は炭酸泉だ。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)サウナ室のベンチは段差が低く、余った天井高がもったいない。天井付近の温度計は90℃だったから、最上段でも85℃くらい。ロウリュ対応のせいか平常時の熱さは物足りず、よく言えば万人受け。ちなみにロウリュは不定期開催の様子。水風呂は深さ、奥行きともスパ銭にしては贅沢なレベル。露天風呂にはリクライニングチェアーも並び、外気浴ならぬ日焼け覚悟の日光浴が楽しめる。(露天風呂とサウナの写真は公式サイトより転載)

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)岩盤浴は別途400円だが、テレビ付きリクライニングシートで寛げると思えば安いものだ。なにしろ入浴だけの客の休憩スペースとしては、畳敷きの小空間しかないのだから。岩盤浴着のまま館内利用しても良いというが、汗をかいて冷たくなった服で過ごせるかは、その人次第。2室ある岩盤浴室のうち、大きい部屋の方では定期的にヨガやストレッチの有料講座を開催。その間は岩盤浴客の利用は不可。もう1室ではロウリュを1日3回開催(14時・17時・20時)。手拍子と掛け声で賑やかな雰囲気。

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市中里)食事はピークをずらしたせいか、レストランはゆったりとしていた。ちょっと値段もお高い気もするが、コンセプトやメニューの品揃えを反映しているのか。写真は看板メニューの「季節のKikyo御膳」1,480円也。レストランに限らず、スタッフのキビキビ、ハキハキとした接客に好感が持てる。施設としては玉岡設計の型にはまった感あるけど、もっと田舎らしさがあってもいいような。これからは常連さんがお店を作っていくような感じがするし、さらなる進化にも期待したい。



天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店
源泉/龍ヶ崎温泉(ナトリウムー塩化物強塩温泉)
住所/茨城県龍ケ崎市中里2-1-2 [地図]
電話/0120-30-5426
交通/JR常磐線佐貫駅バス「八原小学校」停徒歩3分
     国道6号線(藤代BP)「牛久沼東」交差点より約7.8km
     ※無料駐車場約1,000台分あり
料金/(平日)大人750円、子供350円
     (休日)大人850円、子供400円
     ※岩盤浴は平日400円、休日500円
時間/9:00〜25:00、年中無休