桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)静岡市内の銭湯はたったの2軒。そのうちの1軒、駒形通の商店街にある桜湯は、庶民的風情の残る公衆浴場。しかし、興味本位で今回訪ねたのは、2階で営む男性専用のサウナ。なにしろ情報が乏しく、料金や営業時間は店先の看板で把握。決して安いとは言えない料金だし、どう考えてもサウナしきじの方が良き時間を過ごせるだろう。若干躊躇するも、意を決して薄暗い外階段を上がっていく。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)地元の常連相手に商売しているのは言うまでもなく、一見客と察してか「ロッカーはここを使って、タオルはこの棚に…」と親切に教えてくれた。ロッカーと浴室は隣り合い、洗面台を抜けると、奥にリクライニングの休憩室。こじんまりとした施設だが、うまくエリア分けされている。かなり初期型と思しきフジ医療器のマッサージチェア、ベルトマッサージャーがこの施設の古さを物語る。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)浴室は田舎の共同浴場か、はたまた民宿でも訪ねているかのような年季の入りよう。2つある湯船のうち、大きい方にはお湯が張ってあり、小さい方は水風呂。正直なところ、入浴目的なら1階の銭湯が賢明。しかし、今回の目的はサウナ。

中山産業のメトスサウナはいつの時代の製品だろうか。ドラム缶のようなストーブに石を載せ、ガンガンに炊くさまは、まさに質実剛健。下の銭湯に水漏れするからとえらく具体的な理由により、水かけは厳禁。初めのうちは95℃を指していた温度計だが、だんだんと針は動き、最高で110℃までに。くーっと呻きたくなる熱さだ。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)水風呂に温度計はないが、おそらくは20℃くらい。浴室内で休憩しようにも、(いまや銭湯でも珍しくなった)緑の風呂椅子があるのみ。ととのいやサウナトランスはここにはないし、マインドフルネスとかわけのわからないカタカナを喋る人は近寄らない方がいい。入れ墨のおじさんに「ほら、ととのったでしょ?」と聞いたところで相手にされないから。

桜湯サウナ
住所/静岡市葵区駒形通3-2-1 [地図]
電話/054-252-1241
交通/JR東海道本線静岡駅北口よりバス
     「駒形二丁目」または「駒形三丁目」停徒歩2分
料金/1,500円
時間/13:00〜24:30、毎週火曜日定休