テレビ温泉(愛知県名古屋市中村区牛田通)銭湯の屋号もさまざまだが、テレビ温泉にはグッと惹かれるものがある。かねてより気になってはいたが、尊敬するサウナーさん推しならなおのこと。サウナや水風呂がさぞかし素晴らしいのかと思えば、そういうことではないらしい。「猛者達を日本一に押し上げた空間」なのだという。いったいどういうことか。頭の中は疑問符だらけだ。

テレビ温泉(愛知県名古屋市中村区牛田通)初めて行く店、ましてや町の銭湯は緊張する。テレビ温泉があるのは、マンションや戸建が建ち並ぶ住宅地の一画。暖簾をくぐるとフロントにはおばあちゃん。サウナ代を追加して支払い、カウンターに積んである青いタオルを1枚貰っていく。ここまで猛者達の気配をまったく感じないが、脱衣所の奥では全裸のおっさん達がたむろしていた。浴室への出入口を塞がれているのだから何事かと思うが、よく見ればサウナ室のマット交換。

テレビ温泉(愛知県名古屋市中村区牛田通)サウナは脱衣所側にあって、浴室は扉の向こう側。いたって普通の銭湯風情で、コンパクトなサイズ感。電気風呂、ジャグジー、替わり湯など一通り揃えているけど1つ1つは大きくない。強いて言うならセンター浴槽もあることくらい。銭湯の東西分かれ目だなと勝手に納得。全身に入れ墨した客を見かけるのも銭湯ならでは。

満を持してサウナ室の扉を開けるも、狭くて一瞬躊躇する。常連が集うのは一見客にはつらい空間だが、テレビが映し出しているのは、動物のほのぼのしたバラエティー番組。遠赤ヒーターはガンガン稼働し、温度計は110℃を指す。カラカラだけど適度な湿度が心地よい。浴室に戻って水風呂へ。さほど冷たくはないし、休憩する椅子もないから、慌ただしくもう1セット。

猛者達の雰囲気を感じられなかったのは良かったのか、悪かったのか。屋号の由来は聞きそびれてしまったけど、おそらくはテレビが普及し始めた頃に開業したのではなかろうかと。むかしは地元客の活気に満ちていただろうけど、今もなかなかのもの。テレビを観ながら過ごす客は、ロビーにも多かった。

テレビ温泉(愛知県公衆浴場業生活衛生同業組合)

テレビ温泉
住所/愛知県名古屋市中村区牛田通1-35 [地図]
電話/ 052-471-5335
交通/近鉄名古屋線烏森駅より徒歩10分、黄金駅より徒歩11分
     名古屋市営地下鉄東山線岩塚駅より徒歩13分
料金/大人420円、中人150円、小人70円、サウナは別途100円
時間/15:30〜24:00、毎週火曜日定休