四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)はるばる四日市を訪ねた目的のひとつ、それは11/3にオープンしたばかりの四日市温泉 おふろcafe 湯守座。1号店のutatane(大宮)を皮切りに、これで5店舗目。おふろcafeもついに三重県に進出した。もとは天然温泉ユラックス(旧:四日市ヘルスセンター)と言い、大衆演劇も楽しめる健康ランドの業態。現代の芝居小屋をコンセプトに、どう生まれ変わったか。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)郊外型店舗とはいえ、近隣には大型店がいくつも出店し、車利用なら好立地といえる環境。路線バスの本数が少なすぎるのは盲点と言うべきか、地方都市を実感した。

予想以上に時間がかかり、やっとの思いで現地に到着したら、駐車場にはまばらにしか車がない。平日だからか、それともオープンしたことが知れ渡っていないのか。そんなことはさておき、いざ入館しようとしたときになって、看板に気づいた。休館日の知らせ。日付を確認したら今日だった。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)駐車場の車は出入りの業者だったのか。茫然とすることしばし。止むを得ず来た道をとぼとぼと引き返すのであった。