横浜×阪神(横浜スタジアム)混迷を極める熾烈なCS争い。横浜は阪神5連戦を全勝すれば2位の座も見えてくるし、しかしすぐ背後には巨人が迫っているから、1つの負けが命取りとなって4位転落も。阪神、横浜、巨人の3チームはいくつ勝てば順位決定するのか、残り少ない試合数で指折り勘定するよう。今夜は阪神戦に相性のよいルーキー雜で弾みをつけていきたい。

横浜×阪神(横浜スタジアム)初回にロペスの2ラン、続く2回には桑原の2点タイムリーで横浜が先制。しかしこのまま機嫌よく終わるわけもなく、それまで好投を続けていた雜も、6回に突如として阪神打線に捕まる。糸井に2ランを浴び、さらに中谷のタイムリーで1点差に。強打者に一発を浴びるのは仕方ないとしても、その後の3四球はいただけない。3つとも一度もバットを振らせることなく、歩かせているのだから。

横浜×阪神(横浜スタジアム)それでも1点リードで試合は進み、祈りを捧ぐは山康晃。ピンチを招いてコーチがマウンドに駆け寄り、ファンもいちいち拍手で激励する守護神を、他球団はどう見ているだろうか。出囃子で大騒ぎしたのもつかの間、ファンからはため息が漏れる。延長12回の総力戦をリリーフ陣は緊張感をもって、よくぞ無失点に切り抜けてくれた。雜の二桁勝利もお預けとなり、振り向けば巨人との差は0.5に縮まった。残り6試合を全力で戦ってほしい。