横浜×広島(横浜スタジアム)横浜が誇る最強クリーンナップの3連発でサヨナラ勝利を収めた翌日。仕返しとばかりに3番丸佳浩が場外弾、そして4番鈴木誠也にも一発が飛び出し、初っ端からどんなシナリオが描かれているのかと思ったら、5番松山竜平にはバットを振らせず歩かせる。ちょっとクリーンナップ3連発回避の方法おかしくないですか、ウィーランドさん。次の回には2本のタイムリーで3点を失い、いきなり劣勢の窮地に。横浜打線は大瀬良を攻めきれずにいたが、チーム初安打がウィーランドのホームラン。まずは失った2点を自分で取り返す。今季2発はいずれも大瀬良から。相性もいい。

横浜×広島(横浜スタジアム)ライトフェンス際の当たりを鈴木誠也がジャンプしてキャッチ。攻守交替でイベントの大道具が運び込まれたのに、鈴木誠也は倒れこんだまま動かない。やがて担架で運ばれて行き、大道具はそのまま撤収。足首骨折の大けがを負い、主軸を失った広島の今後やいかに。

筒香連夜の一発で勝ち投手の権利目前の大瀬良を引きずり下ろし、さらには戸柱のタイムリーでついに1点差まで追い上げる。しかし今日は1番桑原、2番柴田が合わせて10タコの大ブレーキ。あと1点が奪えぬまま9回裏2アウト。もう後がない土壇場で、ロペスの劇的同点弾。レフトスタンドの客を黙らせ、よもや昨夜の再現かと鳥肌立てて宮の打席を見守るが、そう易々とはいかないのが野球たるもの。

横浜×広島(横浜スタジアム)延長戦に突入しての仕切り直し。粘って粘って戸柱が出塁すると、梶谷が放った打球は右中間を真っ二つ。一塁から激走する戸柱。そしてヘッドスライディングはセーフ!ドラマチックなサヨナラ勝利となった。序盤で5点のビハインドを背負い、諦めかけていた展開が結果こうなるとは。しかも二夜連続とは誰が予想しただろうか。横浜打線最強すぎる!