船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)船橋市内のサウナ店を語るとき、ジートピア(旧モンシャトー)、クアハウスの豪華絢爛な両個性は必ず話題に上るが、忘れちゃならないのは船橋グランドサウナ。名前からしてどっしり構えている感が良いではないか。

グランドサウナは、駅直結のショッピングセンター(シャポー船橋)を通り抜け、すぐ目の前という好立地。パチンコ店(百万弗)の2〜5階に、カプセルホテルとともに店を構える。船橋駅周辺は日が傾くにつれ、猥雑な一面を色濃くするも、サウナはこうした環境がよく似合う。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)写真パネルの館内紹介には何もときめかないが、色褪せていないだけ良し。クラシカルな雰囲気すら感じさせるフロントで、まずは入浴料金の支払い。会員料金を設定し500円の格差を付けているが、会員券500円というから2回目からお得。カプセルを併設しているせいかやたらと広く、がらーんとしたロッカー室。しかも喫煙自由。平日の真っ昼間からサボリーマンの姿がちらほら。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)天井のステンドグラスやヴィーナス像が印象的な浴室。入ったとたんに熱気でむわっとするのは困ったものだ。準天然温泉を謳うドゴール湯は、湯船に沈んだステンレスの箱に鉱石が仕込まれているようだ。健康効果をもたらすのだろうけど、お湯が熱めでよくわからない。バイブラ湯やジャグジーもあるけれど、全体的にもうちょっと温めでも良いのに。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)

サウナに入る前に水風呂でクールダウンしておきたいが、これらの湯船に挟まれているせいか、顔だけのぼせそう。そもそも水風呂は蛇口全開でもぬるく、それでいて小さいから、他の客に気を遣って長居もできない。ゆったりとした広さのサウナ室は94℃、多少は年季入っているけれど悪くはない。いまいちシャキッとしないのは水風呂と室内の熱気だ。冬だったら印象も変わるかもしれないが。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)90分コースで訪ねたし、頭の中は次のサウナで挽回しようとそればかり。早々2セットで切り上げ、リクライニングシートの休憩室をのぞいてみる。小上がりの食事処も隣接しており、なんとなくモンシャトーと雰囲気は似ている。簡単に言えばクラシカルの典型。暇を持て余した客が爆睡し、薄暗い映画室にいたっては名ばかりの様相を呈していた。「総武沿線随一のサウナのオアシス」を自称するのだから、意気込みは立派だ。

船橋グランドサウナ ※男性専用
住所/千葉県船橋市本町4-5-27 [地図]
電話/047-422-2266
交通/JR総武線船橋駅・京成船橋駅より徒歩1分
料金/早朝サウナ1,300円(5:00〜12:00)
     普通サウナ1,800円(5:00〜24:00)
     深夜サウナ2,300円(5:00〜翌12:00)
     クイックタイム90分1,000円(10:00〜19:00)
時間/24時間、年中無休