花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)深谷市の深谷花園温泉花湯の森、国済寺天然温泉美肌の湯の2店舗のほか、ホテルやショートゴルフ場などを展開する株式会社リゾート花湯の森。このたび集大成とでも言うべき、本格的な日帰り温泉リゾート施設を4/27にオープンさせた。熊谷市内を東西に横切る国道17号バイパスに面し、敷地面積は約7,200坪(東京ドーム半分)のビッグスケール。館内の岩盤浴エリアを「温活cafeネスト」と名付け、関東最大級を自称する。オープンから2週間経ち、平日にもかかわらず駐車場はほぼ満車の大盛況だ。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)正面の門には「いろはのゐ」「たかの友梨」と二大テナントの看板。肝心の「花湯スパリゾート」とはどこかに書いてあったのか、気づかなかった。フロントでは利用形態を選択し、ICタグ付きのロッカーキー、受付レシートを貰う。今回は温活カフェネストコースを利用。女性スタッフは可愛らしい着物をお召しで、安っぽいスパ銭とは一線を画す。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)長く一直線の廊下の先にリネンカウンターがあって、ここでタオルセット、館内着、大判タオルの一式を受け取る。途中には男女別のうたた寝処、ボディケア受付などがあり、もう片方は中庭に面している。ウッドデッキで読書なんかをしてみたら賢く見られそうだが、あいにくの小雨模様。待ち合わせがてらの足湯も楽しそう。目の前に映る光景は花湯の森とよく似ているし、雰囲気やコンセプトはおがわ花和楽の湯雅楽の湯といった埼玉屈指の人気店を意識しているのだろうか。

浴室は温泉使用の湯船のほか、ジャグジーなど、全体的にゆったりとした空間。露天側を全面ガラス張りとし、奥行きのある眺めと明るさを確保している。地下1,500mから湧出した温泉は、若干黄色っぽくもあるが、透明感ある単純泉。サウナ室は緩く6段のベンチ。テレビをはさんで遠赤+ロッキー。ロウリュの開催に期待したいし、水風呂はもっと冷たくしてほしい。せっかくスペースが空いているのだから、椅子も何脚か置けそう。現状ではちょっと惜しい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

広々とした露天は、喩えるなら高原別荘地の雰囲気。木立ちの中に屋根付きの湯船が点在し、小川も流れる。植栽や土盛りの具合いといい、造成完了後に急ごしらえで間に合わせた感が見て取れるが、それも新規オープン施設ならでは。季節の移ろいや年数を経て景色がどう変わっていくのか楽しみだ。シルク湯のほか、寝ころび湯、つぼ湯、岩風呂ときて、源泉の非加熱かけ流しは檜風呂にて。ちょっとぬるめが心地よい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)温活cafeネストは館内着(岩盤浴着兼用)での利用が条件。無数に並んだテレビ付きリクライニングシートのエリアと、ヒマラヤ岩塩や富士溶岩など8種類からなる岩盤浴エリアに分かれている。サーバーを置いてコーヒーと紅茶は飲み放題としているが、温活の字のごとく、温かい飲み物しかない。冷たいジュースを飲みたくても、わざわざ館内中ほどの自販機まで買いに行かねばならず面倒。フリーWi-FiやインターネットPC、約1万冊の漫画や雑誌など、アイテム自体に目新しさは無い。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)岩盤浴エリアでのロウリュウは平日3回開催(12:00/18:00/21:00)。銅羅が開始の合図だ。室温67℃のハンデがありながらも「灼熱」を自称するにはおこがましく、合いの手の「わっしょいわっしょい」は埼玉流かもしれないが、おふざけの度がすぎる。初めての客ばかりだからいまは喜んでるけれど、他店を見て基本をもっと研究してほしいし、店のコンセプトにもそぐわない。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之食事は「讃岐のだし匠 いろはのゐ」と「カフェ プルミエール」の2店。どちらも地元では名の知れた店のようだ。今回は前者に入ってみたが、いくら名物といえども、お品書きには讃岐うどんと天ぷらばかり。親子のみならず三世代も利用するであろうスパ銭においては、もっと幅広い選択肢を設け、あらゆる客層の満足を追求すべきではないのか。もちろん高級感やこだわりは理解できるが。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之特製天丼だし御膳と小うどん計1,580円を食したが、おなかいっぱいにはならない。スパ銭を訪ねる頻度、過ごし方、求めるものは人それぞれ。日常的に風呂だけ利用するならば、平日700円でとてもリーズナブル。広々とした露天風呂につかれば旅行気分も味わえる。のんびり過ごすなら館内着に袖を通し、ついでに岩盤浴も利用したならコスパ最強。つくづく食事が残念に思う。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

花湯スパリゾート
源泉/熊谷天然温泉(単純温泉)
住所/埼玉県熊谷市上之1005 [地図]
電話/048-501-1126
交通/JR熊谷駅よりバス「龍渕寺前」または「宿裏」停徒歩約10分
     国道17号線(熊谷BP)上之交差点至近
     ※無料駐車場約220台分あり
料金/入浴コース(平日)大人700円、小学生以下400円
            (休日)大人800円、小学生以下500円
     温活cafeネストコース(平日)大人1,180円、(休日)1,280円
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人600円、小学生以下400円
     ※20時以降は夜割、コース料金より100円引き
     ※深夜延長料金:金土祝前日のみ1,200円
時間/日〜木10:00〜翌2:00
     金土祝前日10:00〜翌9:00