西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)秩父といえば埼玉県を代表する緑豊かな観光地にして、三十四箇所霊場の札所巡り、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭(秩父神社例大祭)なども有名だ。また、地域広範に温泉が湧出し、ドライブがてらの湯めぐりも楽しい。そんな秩父の玄関口が西武秩父駅。池袋から特急レッドアローなら最短78分の旅。この春からは横浜との間に直通列車S-TRAIN(休日限定)が運行している。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅は3月にリニューアルされ、そして4/24には駅直結型の温泉複合施設「秩父駅前温泉 祭の湯」が新規オープンした。土産物などを扱うちちぶみやげ市、名物のわらじかつやホルモンなどが味わえるフードコート、週末は宿泊利用も可能な温泉施設からなり、延床面積約1129坪(うち温泉施設約970坪)のビッグスケールだ。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)朱塗りの外観に無数の提灯、唐破風屋根に神社幕を意識した暖簾、ロゴには秩父の「ち」「父」をデザインする芸の細かさ。夜もなかなか素敵で、祭りの山鉾や賑わいを彷彿とさせる。

温泉施設ではまず下足箱の鍵をフロントに預け、リストバンドを受け取る。岩盤浴の受付もこちらにて。階段またはエレベーターで2階に上がると、長い廊下が続き、右手にボディケアや岩盤浴室、左手にリクライニングシートと畳敷きの休憩室、奥に脱衣所と浴室がある。館内は和風旅館の趣きで、なんだかわくわくする。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)浴室内には人工炭酸泉とシルク湯、ジャグジーがあり、よくあるスーパー銭湯の雰囲気。目新しさも特筆すべきこともない。サウナ室はベンチが3段、温度計は86℃を指しており、マイルドな熱さだが、5分も経てば滝のような発汗。自動ロウリュを導入し、水がジュワっと滴り落ちるも、さほど熱気は上がらず。たまたまやって来たスタッフに頻度を聞くと、「わからない」との返答。珍しいのはテレビのチャンネルがNHK-BS1であること。昼間は海外の話題ばかり。水風呂17℃で、室内にもベンチを置いてくれたら良いのに。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

露天の花見湯、つぼ湯、寝ころび湯は「熊本復興キャンペーン」と称し、黒川温泉を人工的に再現。ほんのり白濁した硫黄泉だが、皆が期待している温泉はこれではないはず。本来売りにすべき温泉は小さな岩風呂でのみ使用しており、5〜6人も入ればいっぱい。

地下2,000mも掘削したというのに、湧出量が毎分6.1リットルとは想定外の少なさだったのではなかろうか。分析表の「灰色を呈し、灰色の浮遊物、沈殿物あり」との表記も、循環濾過の過程により実際には何も感じられず。もっとも露天の雰囲気は素晴らしく、旅情も相まってのんびりさせてくれる。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)

岩盤浴はフリータイム制。オープン直後とはいえ、定員11名の室内は平日でほぼ満床。空きがあるかバタバタとドアを開けられては落ち着かない。土日やGWのパンクは目に見えているが、何か策は練っているのだろうかと心配になる。もうひとつ小部屋もあるが、こちらは寝る用ではないからほぼ無人。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)施設規模のわりには、1階のレストランはこじんまりとしたもの。イチオシのわっぱ飯と十割蕎麦のセットを注文。メニューは決して多くはないが、ご当地ものなどツボを押さえているのは嬉しい。途中退館してフードコートを利用することも可能だ。秩父名物のわらじかつ、ホルモン、さらにはジェラート、たこ焼きなど7店舗と充実している。家族づれには気楽で良いかもしれない。

西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市野坂町)リクライニングシートはテレビ、読書灯、コンセント付き。地上波だけでなくBSも観られるから、野球好きならパリーグの試合も。西武ライオンズを応援させたい目論見か。有料のプレミアムラウンジ(女性専用あり)は2時間制で半個室型。週末には予約制の宿泊利用にも使用される。ハイキングや札所巡りなど、泊まりで秩父を訪ねたい方には重宝するのかも。温泉以外にプラスアルファの要素が多いから、過ごし方の幅が広がるし、のんびりとしてしまう施設だ。



西武秩父駅前温泉 祭の湯
源泉/西武秩父駅前温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/埼玉県秩父市野坂町1-16-15 [地図]
電話/0494-22-7111
交通/西武秩父線西武秩父駅前
     秩父鉄道御花畑駅より徒歩5分
     国道140号線(彩甲斐街道)西武秩父駅前交差点至近
     ※祭の湯専用駐車場39台分(近隣に提携Pあり)2時間無料
料金/(平日)大人980円、こども600円
     (休日)大人1,080円、こども710円
     ※大人は中学生以上、こどもは3歳〜小学生
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人760円、こども500円
     深夜追加料金(金・土・祝前日の24:00以降)2,490円
     プレミアムラウンジ宿泊(金・土・祝前日の20:00以降)3,460円
     岩盤浴は別途平日380円、休日440円
時間/月〜木・日・祝10:00〜23:00
     金・土・祝前日10:00〜24:00
     宿泊(金・土・祝前日)20:00〜翌9:00