島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)静岡県は東西に広く、関東に住んでいると西に進むにつれ、静岡市から先はぼんやりとした位置関係となる。電車でも車でも、大井川を越える辺りが島田市と覚えておけば何かの役に立つかも。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とは東海道に架橋が禁止されていた時代。大雨でもあれば、島田宿と対岸の金谷宿はたいそう賑わったという。明治12年になってようやく架けられたのが蓬莱橋。世界一長い木造歩道橋としてギネスブックにも認定されている。(8年前のブログ記事

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)今回は蓬莱橋に因んだ、島田蓬莱の湯へ。平成11年オープンのオールドスタイルとでも言うべきスーパー銭湯だ。広々としたフロアに物販陳列棚、小上がりの休憩スペース、ボディケア受付、ゲーム機などを設け、わざとか否かごちゃごちゃ感を演出。ボディケアは2社が競い合い、パンフレットなどに滋和堂、リバース東京と社名を記しているのは珍しい。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)フロントのすぐ隣の暖簾をくぐると脱衣所。ロッカーは100円リターン式。大きな湯船からは窓越しに露天風呂を眺めるが、よく見たら引き違いの扉を1か所設けており、その下を開口にしている。お湯に浸かりながら、露天風呂へと直接行き来ができるのだ。雨風の日のお湯の汚れは気にならないのだろうか。もちろん別に出入口も設けている。

露天には壺湯のほか、人工炭酸泉も。壁には蓬莱橋が描かれている。立て札で蓬莱橋の歴史などを解説くれるが、「ここに蓬莱橋を復元致しました。露天風呂に架けられたこの蓬莱橋〜」の一節はちょっと意味不明。蓬莱橋を描いただけではないのか。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

サウナからも露天風呂を望める。3段式のボナサームで温度計は85℃、湿度計も設置しているのは珍しく、針は20%を指していた。ほかにスチーム塩サウナもある。水風呂はざあざあと溢れており、洗面器を受け皿にするのは良いアイデアだ。サウナのあとの掛け水はその洗面器を利用。スーパー銭湯にしては広めで、絶えず吐水しているから冷んやり。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

岩盤浴は通路と階段を経て別棟にある。おそらく増築したのだろう。専用の休憩スペースは2か所あって、階段手前にはワンダーコアやバランスボールなどが並ぶ。壁のすぐ裏側は食事処だから、張り切ってトレーニングするのも憚られる。岩盤浴は手前がおしゃべりOK、奥がおしゃべりNGの2室。平日はフリータイム制だが、休日は60分or90分の時間・席指定制で、さらには女性専用エリアも設けている。平日の昼間はほぼ貸し切りだったが、休日はかなり利用客が多いのだろうか。それにしても強気な岩盤浴料金設定。西焼津の姉妹店、笑福の湯のほうが設備充実だしリーズナブル。しかし、だ。@nifty温泉のクーポンを見逃す手はない。入浴と岩盤浴のセットで1,000円なのだから。

島田蓬莱の湯(静岡県島田市旭)

島田蓬莱の湯
住所/静岡県島田市旭2-1-30 [地図]
電話/0547-34-4126
交通/JR島田駅よりバス5分「旭町」停下車
     国道1号線(藤枝BP)野田ICより約2.6km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人670円、子供310円
     (休日)大人770円、子供360円
     ※子供は3歳〜小学生、3歳未満は入浴不可
     ※岩盤浴は別途平日670円、休日90分870円・60分670円
時間/6:00〜24:00、年中無休