名古屋近郊で最大かつ人気のレジャースポットといえば、ナガシマリゾートだ。中核をなす遊園地「ナガシマスパーランド」は国内2番目の敷地面積を有し、その周辺にはホテルや温泉施設、アウトレットパークも。ちょっと距離は離れているが、また、植物園もあって、これらを総称してナガシマリゾートと言うらしい。一方で名鉄系の会社は長島スポーツランドを運営。木曽川、長良川、揖斐川の河口に位置し、南北に細長い地域。明治になって治水事業が行われるまでは、たびたび水害に見舞われていたという。教科書で習った「輪中」もこの地域によく見られる。それなのになぜこんなにも開発が進められたのか。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)長島温泉が湧出したのは1963年のこと。天然ガス探査がきっかけだという。それから半世紀。長島地区には日帰り温泉施設が4軒(湯あみの島里の湯クアハウス長島オートレストラン長島)、地域住民のための共同浴場が2軒もあるのだから驚く。かねてより訪ねてみたいと思っていた長島温泉だが、今回の旅の目的地はオートレストラン長島。いまどきオートレストランという名前もシブいが、天然温泉、食事、ゲームの三本柱を売りにするドライブインだ。来たる3/31をもって閉店する。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)本来ならネオンサインが派手に輝く夜に行くべきだが、今回は名古屋から直通バスを利用。バス停からドライブインまで歩いて訪ねる人はあまりいないだろう。駐車場は大型トラックでほぼ埋め尽くされていたが、館内は閑散としていた。とくにゲームコーナーは電気の無駄遣いと言わざるを得ない状況。地元の野菜や物産品でも売れば多少は活気付くだろうし、客層も変わっていたかもしれない。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)平日の昼間だからか、温泉もさほど客は入っていなかった。浴室内には大小2つの湯船と水風呂があるも、ほぼ独り占め。タイル張りのシンプルな雰囲気は、大浴場の名に相応しい。長島温泉は無色透明、地下1,400mより湧出し、泉温51.7℃、かけ流しだから湯量も豊富なのだろう。露天風呂は岩風呂と一人用の釜風呂。塀に囲まれており、開放感は乏しい。サウナはカラカラに乾き、熱さが突き刺す。テレビはないが、常連客の会話が聞こえてくる。それにしても無駄に広い。

オートレストラン長島(三重県桑名市長島町)客がいちばん多いのはレストラン。味噌カツやきしめんなどご当地メニューを揃えているのが嬉しい。見た所、皆さんドライバーらしく、御飯の大盛りは無料。客のリクエストに応えてダブルとんかつ定食が復活とか、なかなか普通じゃ聞かない話だ。ボリュームもさることながら、24時間いつでも食事できるのが、いちばんのサービスではなかろうか。温泉利用は翌朝まで、ボディケアは深夜までと使い勝手がよい。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)長島温泉のリゾートなイメージとは無縁。おそらく観光客はいちばん訪ねることはないだろう。地元の人だって休日にデートで、家族で遊びに行こうと思うだろうか。外観を派手に装っているが、ちょっと不器用な努力家。ガテン系ウエルカム。そんな印象を持った。ちなみに、木曽川を渡ればすぐそこに、かの有名なゴールデンランド木曽岬温泉。いまなら両方セットでの訪問が可能だ。

ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)ゴールデンランド木曽岬温泉(三重県木曽岬町源緑輪中)

いかす温泉天国では、違ったアプローチで訪問記を書いています。
「No.20 ドライブインのお目当ては味噌カツと天然温泉」

オートレストラン長島
源泉/長島温泉(単純温泉)
住所/三重県桑名市長島町福吉526-17 [地図]
電話/0594-45-8866
交通/名鉄バスセンターから約40分「長島スポーツランド」停下車
     国道23号線(名四国道)沿い、無料駐車場100台分あり
料金/温泉は大人550円(中学生以上)、小人250円
時間/24時間(温泉は10:00〜翌7:00)、年中無休