サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)中央線の車窓からもちらっと見えるサンデッキの看板。ねじめ正一の小説や阿波踊りで知られる高円寺唯一のサウナ店だ。中野からの高架線と環七通りが立体交差する辺りだが、駅前の賑わいとは無縁で、むしろ郊外の雰囲気すら漂う。レンガ調の外壁のビルは、1階と2階が兼業する貸しスタジオ、3階がサウナだ(受付は2階)。ちなみに、かつて2階には「つかさ湯」という銭湯があったようだ。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)指定された下足箱を使用し、その番号のロッカーキーと歯ブラシとカミソリを渡される。利用コースは35分、70分、90分、3時間…と細かく設定しており、いずれも300円ずつ高いなぁというのが率直なところ。6時間と12時間コースなら昼割りもあるが、需要があるのかいざ知らず、そんなに長い時間を過ごすほど魅力ある店だとはどうしても思えない。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)階段を上って3階には休憩室、ロッカー、浴室が隣り合っている。平日の昼下がり、客は全体でも4〜5人しかおらず、館内は静寂に包まれていた。浴室には湯船が3つ並んでおり、押しボタン式のジャグジーもある高温浴、冷水バイブラ、打たせ湯のある水風呂といった具合。割合で言えば高温浴はおまけ。硬派なサウナーなら潔しと評価するかもしれないが、世間的には全く受け入れられないだろう。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)こじんまりとした浴室において、およそ半分の面積を占めるのは、やはり主役のサウナ室だ。6帖程の広さで、ベンチがコの字型に並ぶ。それなりに年季は入っているが、とくに不満なしと思った矢先、最悪の光景が。おっさんがサウナストーブに濡れタオルをジュワッと絞るもんだから、湿気た嫌なにおいが室内を充満。手慣れた様子を見る限りでは常連客なのだろう。(写真は公式サイトより転載)

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)休憩室はご覧のように閑散としたもので、奥の方では泥のように爆睡するおっさんの姿も。昼割りはこういう人に歓迎されているのだろう。小さなテレビを観ているだけでは退屈すぎるし、食事をするにも勇気が要る。高円寺のくたびれた一面を見ているようで、場末感たっぷりのサウナ店だった。精算をしようと2階のフロントに降りたら、店員さんは1人しか居ないのか、3階から急いで降りてきた。

サウナサンデッキ ※男性専用
住所/東京都杉並区高円寺南4-39-17 [地図]
電話/03-3315-2003
交通/JR中央線高円寺駅南口より徒歩6分
料金/35分850円、70分1,150円、90分1,350円、3時間1,700円など   
時間/24時間