クアパレス(千葉県船橋市薬円台)電車を乗り継ぎはるばる2時間かけて訪ねたのは、船橋市のクアパレスという銭湯。入浴料に対して約3倍の電車代。冷静に考えたら無駄遣いもいいところだが、それと引き換えにしてでも訪ねるべき価値と感動がクアパレスにはあった。習志野駅より団地や戸建ての平凡な住宅地の中に、突如として異彩を放つ建物。軒上と玄関先にヴィーナス像が出迎え、奥に目をやれば何やらゴテゴテと西洋趣味の装飾品の数々。下足箱ですら視界に馴染みすぎて戸惑う。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)お風呂とサウナのレジャーランド「ベルサイゆ」とは言いえて妙。ゴージャスな装飾やアンティークの品々はロビーやフロント、さらに脱衣所や浴室までも。この店には何体のヴィーナス像があるのだろうか。猫や犬の置き物、金のライオンなど所狭しと並び、シャンデリアにステンドグラスと贅の限りを尽くした内装。クアパレスとモンシャトーを擁する船橋市ってすごいな。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)浴室の洗い場の鏡はアンティークなフレーム付きで、もちろんカランの装飾も抜かりない。ちなみにシャンプーやボディソープを備え付けがあり、サウナ利用ならレンタルのフェイスタオルが付く。

大きな湯船はジャグジーやジェットがあちこちでブクブクし、湯気が上がり、お湯は白んでいる。高機能濾過装置を導入しており「お湯は清潔です」。そう書いてなければ心配になるほどの客入りの良さだ。さらには、岩盤タイルを貼り付けた替わり湯(岩盤泉)、薬宝湯または宝寿湯を使用した薬湯。深/浅の2段ある水風呂はライオンの口から吐水し、スポット照明は赤黄緑とほのかに変化する。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)サウナは中温と高温の2室あるから、別料金を支払っても利用する価値はある。どちらの部屋にもテレビと外部スピーカーを設け、中温室にいたっては大型テレビの下に小型を3台並べるこだわりぶり。この日は映画(シュレック)を爆音上映していたから、いつも以上に心臓ばくばく。(サウナ室の写真は公式サイトより転載)

浴室にも大型テレビを設けており、サウナ室から出た後も水風呂や湯船で続きが観られる。ついでに言うと脱衣所にテレビ3台、喫煙所に1台、ロビーに1台と、こんなに多い銭湯を他に知らない。ゴージャスな雰囲気ばかりを注目してしまいがちだが、サウナは通をも虜にし、数多くのジャグジーは客を飽きさせない。銭湯の斜陽化はここでは無縁だ。

クアパレス
住所/千葉県船橋市薬円台4-20-9 [地図]
電話/047-466-3313
交通/新京成線習志野駅より徒歩7分
     国道296号線(成田街道)「郷土資料館前」交差点より約450m
     ※無料駐車場20台分あり
料金/大人430円(サウナ付き620円)、小学生170円、小学生未満70円
時間/15:00〜24:30(休日は14:00〜24:30)、不定休