おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)都心部でふらっと立ち寄れるスーパー銭湯は意外と少ない。そこにきて、おふろの王様大井町店は、京浜東北線など3路線が乗り入れる大井町駅前という好立地が魅力だ。西口の阪急大井町ガーデン、ここの3〜4階にて営業。東京で阪急、しかも大井町とは不思議に思うが、調べてみたら歴史は古く、首都圏進出1号店とのこと(昭和28年)。いまは食品スーパーとビジネスホテル(アワーズイン阪急)を核に、おふろの王様などがテナントとして入っている。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)入館料1250円とはさすが都心プライス。しかし、タオルセット込みなら良心的か。岩盤浴の追加料金700円も支払い、リストバンドを受け取る。階段を上がり、脱衣所の手前には岩盤浴セット貸出のカウンター。そのわきの出入口はホテルに通じており、有料(1回400円)だが宿泊客の大浴場も兼ねているようだ。おふろの王様、アワーズイン双方は俗にいうWin-Winの関係か。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)
(フロアマップはおふろの王様 大井町店 公式サイトより転載)

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)浴室は決して広いとは言えず、平日の夕方だというのにやや混雑していた。不感温湯(バイブラ湯)や露天風呂の人工炭酸泉にいたっては、ぬる湯としているせいもあって、湯船には長湯する客でびっしり。隙間が空くのを待とうにもジャグジーや腰掛湯の数は多くないし、サウナにも客が多い。なぜか人気がないのは絹の湯、人工温泉の岩風呂だったが、たまたま空いていたのだろう。

来店客の多さにキャパシティーが見合っていないのは明らかだが、ちょうどホテルの宿泊客が押し寄せる時間帯だったようだ。夜になれば仕事帰りのサラリーマンがやって来るし、それならば逆に休日の客の入り具合はどうなのだろうか。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)浴室の混雑とは裏腹に、岩盤浴はゆったりのんびりと満喫できた。室温や石の種類が異なる4室(うち女性専用1室)とアイスルームがあり、休憩スペースも広く設けている。時間制限もなく、充実した内容をもって郊外店と同じ700円なら、かえって良心的だと感じる。食事処もわりと広いのに利用客は少なかった。これもタイミングだとは思うが、浴室とそれ以外で印象が大きく異なる店も珍しい。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)オールナイト営業ではあるが、深夜1時以降は入館不可、2時以降は入浴不可で、かつ深夜割増料金が発生する。ちなみに朝風呂は6:30より。深夜に訪ねて来る客の入館受付をせず、おそらくは終電を逃したであろう客を留めておく。ややこしい料金体系にしてまで営業する意図がわからないが、休憩スペースの収容人数を考慮してのことか。写真は20時頃の状況。こんなにも閑散としており、風呂だけの客がいかに多いか、おわかりいただけると思う。

おふろの王様 大井町店
住所/東京都品川区大井1-50-5 [地図]
電話/03-5709-2603
交通/JR京浜東北線大井町駅より徒歩3分
     東急大井町線・りんかい線大井町駅より徒歩2分
料金/(平日)大人1,250円、小人800円
     (休日)大人1,550円、小人800円
     ※深夜割増(2:00〜8:30):金曜日以外2,200円、金曜日2,500円
     ※岩盤浴は別途700円
     朝風呂(平日)大人1,000円、小人600円、(休日)大人1,200円、小人600円
時間/9:30〜翌8:30(1:00〜6:30は入館不可)、年中無休