湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)神奈川県内のスーパー銭湯に飽き足らず近隣都県まで遠征するも、富士市の「湯らぎの里」の存在を知ったのはリニューアルオープンの情報にて。11月頭からの長期休業では、2階には有料スペースを設けるなどの改装を行った。温熱房に加え、コーヒー飲み放題、漫画本を多数置くなどは、最近の流行となりつつある。地域初を謳うが、改装を機に若い客層も取り込みたい発想か。

湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)外観では「遊楽爽憩」の扁額が印象的。せっかくだから改装ポイントを大きく宣伝しても良かろうに。券売機でチケット購入し、2階利用客に限って下足箱の鍵を預け、館内着と大判タオルのセットを受け取る。1階だけの利用でも新たに畳の間を設けたから、風呂あがりに寛いだり、うたた寝するもよし。というわけで、まずは浴室から紹介したい。

洗い場のカランや内装タイルなどに年季を感じるも、数種のジャグジーと電気風呂が並び、白湯、水風呂と典型的なスーパー銭湯の雰囲気。板を張り替え、段差を低くしたという高温サウナには年配の常連客が集っていた。塩サウナは入口と出口を別に設けており、シャワーで汗と塩を流す。

露天風呂では新たに人工炭酸泉を導入。硫黄の入浴剤を使用しており、常に空き具合をうかがうよう。もうひとつの湯船には足湯を付け足すも、本領を発揮するのは日没を過ぎてから。壁にはプロジェクターによるテレビ映像が流されるのだ。テレビを設置する施設が多いなか、なかなか面白い趣向だと言える。

湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)

湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)館内着で2階へ。半分は女性専用のエステルーム、もう半分が有料の「ゆらり処」だ。温熱房というから勝手に岩盤浴を想像していたが、実際は寝転びながらの低温サウナ。じんわりを汗ばむ心地よさも悪くはないが、もし岩盤浴だったなら近隣に競合もないし、女性人気も得られるだろう。余計なお世話かもしれないが。ゆらり処のメインたるは、漫画本6,000冊とコーヒー飲み放題のくつろぎエリア。フリーWi-Fiや充電用コンセントもあるから、さながら漫画喫茶の感覚だ。

湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)畳敷きの室内でごろ寝するもよし、たまに気が向いたら温熱房(サウナ)で温まるもよし。ここがスーパー銭湯であることを忘れてしまう。しかしながら、リニューアル直後とあってか2階の利用客は少なく、気づけばしばらく貸切状態。平日でも浴室はそれなりに賑わっていたというのに。ようやくやって来た客は無料のマッサージチェアをだいぶ満喫していたが、それでも自宅のリビング以上の寛ぎは得られるはず。付帯施設の快適性こそが、温浴施設の将来を占うように思う。

湯らぎの里(静岡県富士市蓼原)食事処はゆったり落ち着いた空間で、幅広いメニューを良心的な価格帯で揃えている。ランチタイムならワンコイン(500円)で6種類から選べるとあって、なかなか魅力的だ。そもそも入館料自体がコストパフォーマンスに見合った設定。さらに500円をプラスすれば、ゆらり処で自由気ままな時間を過ごすことができる。積極的な宣伝策を講じていないから、いまなら秘密の空間だ。

湯らぎの里
住所/静岡県富士市蓼原227-1 [地図]
電話/0545-63-2641
交通/東海道本線富士駅北口より約1.8km
     国道1号線(富士由比BP)「宮島東」交差点より約2.3km
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人650円、子供300円
     (休日)大人750円、子供300円
     ※子供は4歳〜小学生、3歳以下は無料
     ※ゆらり処は別途500円(利用は中学生以上)
時間/9:00〜24:00、毎月第3水曜日定休(12月は営業)