照の湯(東京都大田区仲六郷)雑色の商店街は夕方の買い物客で賑わっていた。蒲田の1つ隣で、乗降客3万人は普通電車しか停まらない駅としては京急で最多だという。なるほど庶民の活気に満ち溢れているわけだ。照の湯は商店街の西外れにある、いわゆるマンション銭湯。正面をおしゃれに飾るも、下足箱の並ぶ玄関にはファンタジックなイラストと、なぜかミラーボールが回る。

フロントの左右に男女の脱衣所を振り分け、フロントの横にはちょっとしたロビーを設けている。浴室はセンター浴槽で、その周りをコの字にカランが並ぶ。椅子代わりは四角い石。浴槽との距離が近いため、身体を洗っている人の背後を避けて歩くよう。

照の湯(東京都大田区仲六郷)浴槽はいずれも小さいが、日替わり湯、電気風呂&座湯ジャグジー、古代檜風呂、鉱泉の水風呂。西伊豆の富士山を描いたペンキ絵を眺めながらの入浴だ。サウナが無料で利用できるのは嬉しいが、これまた狭くてベンチの板がぐらぐらする。ご愛嬌だ。

壁と屋根をプラ竹で囲っているから露天風呂とは呼びにくいが、温泉は岩風呂風の湯船で堪能できる。地下300mから湧出した温泉は、真っ黒で墨汁のよう。お湯は胸の深さだから長湯が楽しめる。なによりも混雑した浴室とは壁と扉で隔てているだけなのに、別世界のような居心地の良さ。夕暮れの薄明かりはなお良し。

照の湯(大田浴場連合会)

照の湯
源泉/照の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷3-23-6 [地図]
電話/03-3739-5527
交通/京急本線雑色駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30(休日は10:00〜23:30、毎週木曜日定休