世界湯(東京都新宿区高田馬場)音楽好きがジャケ買いするように、今回は「世界湯」という屋号に惹かれ、高田馬場を訪ねてみた。早大生や予備校生など、若者の活気に満ち溢れた町を想像するだろう。駅前の乱雑な光景を目の当たりにすればあながち間違いではないと言えるが、早稲田通りを西に歩けば、飲食店やスーパーの裏手に薄暗い住宅地がどこまでも続いていた。北傾斜の下り坂で、道幅は狭く、車が来たら避けるよう。人の通りは少なく、あたりは静まり返っている。

神田川の手前に建つ築浅のマンション。この1階に世界湯がある。併設するコインランドリーとロビー外壁のガラスブロックから明かりが漏れ、世界湯の屋号もさりげなく灯る。いまどき風呂無しアパートも少なかろう。しかし、いまも昔も学生の利用は多いのだろうか。ロビーを広めにとり、シャンプーとボディソープを設置、なによりも築7年というから綺麗だし現代的。

浴室の壁に沿ってコの字に、そして島列の洗い場を配置。湯船は電気風呂、座湯ジャグジー、ボディマッサージ。モザイクタイルの図柄は近すぎると何だかよく分らぬが、ご丁寧にも「イグアスの滝」と書いてあった。ちなみに女湯はマッターホルンだというから、なるほど世界湯だ。いっそのこと脱衣所なりロビーなりを万国旗で飾ればよかろうとも思うが、それはご機嫌すぎるか。

浴室の奥の開口部(扉を固定して常時開放)の先には、岩風呂という名の石板を貼った湯船。さらに水風呂と有料サウナ。ちなみにサウナは入浴込みで1,000円もするが、それでも利用客がいることに驚いた。高田馬場界隈はほかにサウナが無いにしても、なんという強気な料金設定。ちなみに客は10人程度とまずまずの入り具合に思うが、みな日本人。来るべき2020年の東京五輪に向け、世界湯が国際交流の場とならんことを期待したい。

世界湯(東京銭湯マップ)
世界湯(日本お風呂倶楽部)

世界湯
住所/東京都新宿区高田馬場3-8-31 [地図]
電話/03-3371-2409
交通/山手線・東西線・西武新宿線高田馬場駅より徒歩7分
     西武新宿線下落合駅より徒歩8分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00、毎週木曜日定休