ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)大宮に「おふろcafe utatane」がオープンしたときは、風呂×カフェというこれまでにない新発想に軽い衝撃を受けたが、若い世代を中心に人気が定着したと見るや、ここにきて大手にも追随する動きが。おふろの王様志木店では、昨年12月に岩盤浴エリアを「岩盤deカフェ」としてリニューアルした。

入館料とは別途500円で岩盤浴は何度でも利用でき、時間制限もなし。おまけに広々とした休憩スペースでは、コーヒー飲み放題(話題の水素水や炭酸水も)のほか、マッサージ機も無料。さらには漫画本をずらりと揃え、コンセントやWi-Fiも利用できる。サービスの1つ1つは地味だけど、のんびりできそうだ。

ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)というわけで、「岩盤deカフェ」とはどんなものかと、はるばる訪ねた志木店は、東武東上線志木駅より直線距離で2.5km、大通りより中に入った住宅地にある。路線バスは志木駅と南与野駅を結んでいるけれど、車でないとかったるい立地かも。駐車場は平日の昼間だというのにかなり埋まっており、人気施設であることがうかがえる。券売機でチケットを購入し、フロントでは岩盤浴セットを受け取る。

ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)まずは浴室でひとっ風呂。やはりどの湯船も客が多く、休日はどれほど混雑するのだろうか。浴室内にはジャグジーや炭酸泉、露天風呂にはシルク風呂、寝湯、うたた寝湯など。これらは1つ1つの湯船があまり大きくはなく、しかもぬる湯にしているから、客はみな長湯だ。うたた寝湯にいたっては常に空きがない状況。温泉を堪能するなら露天の岩風呂だ。下段は熱め、上段は源泉かけ流しのぬるめ。ウーロン茶のような色味で、地下1,500mより湧出している。

ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)
(浴室案内図はゆめみ処おふろの王様 志木店公式サイトより転載)

サウナは2か所あって、キングスサウナは他所で言うところの高温タワーサウナ。テレビで流れる天皇陛下のお言葉を、おじさん達がじっと見届けるという不思議な光景。スチームサウナはドアを開けた途端に真っ白で視界が悪く、ベンチ下に設けられた足湯でずっこける。これだからスチームサウナは嫌いだ。

ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)さて、いよいよ「岩盤deカフェ」を満喫すべく、2階へ。全体が岩盤浴利用客の専用フロアとなっており、浴室ほどの混雑はなかったが、客層はぐっと若返る。リクライニングチェアも数多くあるほか、コンセント付きの長テーブルはワークスペースとしても使えそう。肝心の岩盤浴室は1室のみだが、通路を隔てて石板と砂利の2種類あり、一部は女性専用としている。アイスルームも別に設けており、岩盤浴そのものでもじゅうぶん価格に見合っているかと。

ゆめみ処おふろの王様 志木店(埼玉県志木市上宗岡)汗をかいた岩盤浴着だと身体が冷えるが、だからホットコーヒーなのか。しばしのんびりして再び岩盤浴で汗を流す。これの繰り返し。コーヒー嫌いはどうするんだという話はさておき、予定以上に長居してしまう。お腹が空いて皆が食事でもすれば店の思惑通りだろうが、メニューの少なさが残念だし、夕食のピークタイムでも客席にはかなりの余裕が。この界隈に選択肢が多いということか。

おふろの王様志木店で始まった「岩盤deカフェ」は、8/6より高座渋谷店(旧ゆめみ処ここち湯大和店)でも導入された。既存の岩盤浴エリアの付加価値向上、おふろの王様のブランド力向上にもつながるだろうから、ほかの店舗での導入にも期待したい。

ゆめみ処おふろの王様 志木店
源泉/王様温泉志木の湯(ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/埼玉県志木市上宗岡5-11-6  [地図]
電話/048-485-2603
交通/東武東上線志木駅よりバス「志木高校」停徒歩4分
     国道463号線(浦和所沢BP)上宗岡2丁目交差点より約900m
     埼玉県道40号線(志木街道)中宗岡1丁目交差点より約850m
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人750円、小学生350円、幼児250円、3歳以下無料
     (休日)大人850円、小学生400円、幼児300円、3歳以下無料
     岩盤deカフェは別途500円(利用は中学生以上)
時間/10:00〜25:00、年中無休