小さな旅 川越温泉(埼玉県川越市上野田町)温浴施設の屋号もさまざまだが、「小さな旅」とは素朴ながらも旅情をかきたてる。川越市街地より西に直線距離で1.5kmほど。小江戸の風情などまるでない郊外の立地だが、車ならば観光ついでの利用に便利だ。スーパー銭湯の部類だが、和風の佇まいは地元客にとっても非日常を感じさせる。大宮の姉妹店「小さな旅むさしの湯」(6月30日閉店)と同じく、木の湯、石の湯の浴室は男女日替わり。奇数日は女性が木の湯だ。

小さな旅 川越温泉(埼玉県川越市上野田町)七福神巡りと銘打って、浴室内と露天に7つある湯は、それぞれに大黒天や毘沙門天などと名付けられている。オブジェがあるとか、7つ巡るとどうこうといった説明はない。浴室内は木の湯、石の湯が左右対象のつくり。メインの湯船は源泉ぬる湯で、もうひとつは源泉を使用した人工炭酸泉。サウナだけが異なり、木の湯の塩サウナに対し、石の湯はハーブサウナで、どちらも中温。

高温サウナは露天風呂の一角にあって、変形した室内であるためか贅沢な広さ。サウナ室を出たらすぐに水風呂、その流れで外気浴ときたら一切の無駄がなく、サウナ好きにとっては絶好の環境だ。ロウリュも開催しているようだが、インターネットでも開催時間を告知してほしい。

小さな旅 川越温泉(埼玉県川越市上野田町)

露天には木の湯、石の湯とも湯船が5つずつ。いずれも温泉を使用しており、あつ湯、ぬる湯のほか、「生源泉掛け流し」は超ぬる湯(泉温34.6℃)。好みで浸かるなり、交互浴を楽しむでもよし。温泉は地下1,200mより毎分712リットル湧出しており、なるほどこの豊富な湯量をもってすれば、全ての湯船をまかなえるわけだ。しかし裏を返せば、数ある湯船もただ温度が異なるだけに思えてしまう。

小さな旅 川越温泉
源泉/川越天然温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県川越市上野田町41-7 [地図]
電話/049-249-4126
交通/JR川越線川越駅または西武新宿線本川越駅よりバス「野田町」停下車
     国道16号線「脇田新町」交差点より約850m
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人800円、子供400円
     (休日)大人900円、子供400円
     ※子供は4歳〜小学生
時間/10:00〜25:00(休日は9:00〜25:00)、年中無休