池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)池袋は言わずと知れた都内指折りの歓楽街。その池袋でサウナ3時間990円とは驚きの安さだ。しかし、安かろう悪かろうでは困ったもの。そもそも、安いには理由がある。西口より徒歩4分の好立地は、キャバクラなどの客引きが闊歩していかがわしく、サウナオアシスのビルはテナントの派手な看板が雑多に並ぶ。サウナの受付は3階。エレベーターを降りると、すぐ目の前にフロントがある。料金を支払い、ロッカーの鍵とタオル、館内着を受け取る。

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)エレベーターで9階に上がるとサウナがある。ビジネス客や長期滞在客が多いのか、洗濯機が並んでいるが、これも安いサウナには付き物。自販機や両替機は故障中。そして、棚回りは湿気たにおい。浴室に入ると、まずボディシャワーは故障中。ジェットバスもたぶん故障したのであろう。スノコで蓋をして、ごろ寝デッキに。といったわけで利用できるのは、麦飯石風呂、水風呂、カラカラに乾いた高温サウナ。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)浴室内の階段を上がると、10階は展望風呂。しかし、窓の外に見えるのは雑居ビルの派手な看板。しかもガラスが汚くて眺めは悪い。かつてはスチームサウナもあったようだが、完全に物置と化していた。ちなみに扉は開きっぱなし。アカすりコーナーもあって、浴室のあちこちで宣伝しているが、果たして利用客はいるのだろうか。浴室自体は吹き抜けになっており、客が少ないせいもあって湯気が立たず寒々しい。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)休憩室にはリクライニングシートが並ぶ。ボディケアや食事処もあるが、平日だからか閑散としていた。しかし、サウナーのヨモギーさんの話では休日はだいぶ混雑するという。風呂に入るだけ、もしくはカプセルや客室で寝るだけと割り切るなら安いし、駅に近くて便利。かなり年季の入った店だが、あちこち修繕すればもっと客は増えるはず。現状では全てにおいてイマイチという印象しかない。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&ホテルオアシス ※男性専用
住所/東京都豊島区池袋2-7-3 [地図]
電話/03-5928-1078
交通/JR池袋駅西口より徒歩4分
     東京メトロ丸ノ内線・有楽町線池袋駅C6出口より徒歩1分
料金/90分990円、3時間1,290円、15時間1,990円
時間/24時間、年中無休