横浜×巨人(横浜スタジアム)本拠地ハマスタ開幕2試合目。負けなし4連勝の巨人を、今日こそはぎゃふんと言わせたい。今永、モスコーソ、砂田の先発ローテーションなら、今日がいちばん計算できるし、相手が初先発のルーキー桜井なら尚更だ。桜井にプロの洗礼を浴びせてやればいい。だからこそ立岡とギャレットのソロ2発、挙句の果てには桜井に犠牲フライの追加点を許した時は、昨日の二の舞かと思ったが。

横浜×巨人(横浜スタジアム)数年前までは巨人ファンの集客に助けられたというのに、いまでは逆転。オレンジ一色のレフトスタンドを除けば、ぐるりと横浜ファンが取り囲み、応援で圧倒する。もちろん満員御礼。それだからイケイケに火がついたら止まらない。反撃の狼煙は、3点を許した直後の5回裏。モスコーソ自らがヒットで塁に出たなら、野手も当然頑張らなければなるまい。

横浜×巨人(横浜スタジアム)荒波のタイムリーで1点差に詰め寄ると、いまや「守備の人」との呼び声高いサード村田の拙守にも助けられ、たちまち満塁に。そこから2つの押し出し死球で同点、勝ち越しへ。負傷交代したロマックの具合が気になるが、こんなラッキーな展開があるだろうか。ベイスボールの逆を行く、巨人の自滅に助けられた格好だ。

ラッキー7の攻撃では内野ゴロからのクロスプレーでロペスが生還。さらにディレイドスチールで筒香が生還と、予想外の選手が脚を生かして貴重な追加点を奪う。

横浜×巨人(横浜スタジアム)モスコーソ、三上、山康晃の盤石の投手リレーで今季の本拠地初白星。

試合後はビクトリーセレモニーと称して、光と花火のショーを盛大に開催。開幕シリーズの特典として今日はバットも貰ったし、さすがの大盤振る舞い。これだから連日チケット完売となるわけだ。さぁ、ここから快進撃を見せろ!

横浜×巨人(横浜スタジアム)横浜×巨人(横浜スタジアム)