湯乃市 千葉鎌ケ谷店(千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷)クレオパトラの炭酸泉を売りに、藤沢柄沢店ほか3店舗を展開する湯乃市。千葉鎌ケ谷店はかつて極楽湯だった店舗で、湯乃市に仲間入りしたのは6年前。わざわざ「湘南喜彩」のキャッチコピーを付けなくても…という気もするが。2本の幹線道路を結ぶ、半ば生活道路に面しており、立地条件はやや難あり。おまけにエントランスも地味だけど、ほとんどが地元客だろうから余計な心配か。店内には鎌ケ谷ファイターズの若手選手たちのサイン色紙もあって、何だかほのぼのとする。

湯乃市 千葉鎌ケ谷店(千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷)

浴室内の雰囲気はスーパー銭湯そのもので、ジャグジー各種とバイブラ湯、高温タワーサウナと水風呂。そして何といっても炭酸泉。パネルには入浴効果が図解されている。湯乃市の炭酸泉には死海の塩が溶け込んでおり、一般的なバスソルトの主成分がナトリウムであるのに対し、死海の塩はマグネシウム。血中のアディポネクチン量が増加し…云々。

湯乃市 千葉鎌ケ谷店(千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷)

露天には岩風呂1つあるのみ。週末のみ替わり湯で、平日だと白湯だからつまらない。奥には釜風呂という名のスチームサウナ。結局のところ入館料の安さに見合っているというか、極楽湯としてオープンした16年前の流行りそのまま。炭酸泉ばかりをアピールする理由はここにあった。

IMG_2965-2館内には食事抜きで寛げるところはなく、これもひと昔前のスーパー銭湯によくある点。懐かしの歌謡曲がBGMとして流れ、大衆的な雰囲気であることは言うまでもない。藤沢柄沢店や湘南ライフタウン店なら我が家から1時間足らずの距離なのに、はるばる3時間以上かけて訪ねたのは、鎌ケ谷スタジアムのついで。ちなみに約3km、車で約10分ほどの距離。ファームを観戦した後にでも立ち寄ってみてはどうだろう。

湯乃市 千葉鎌ケ谷店
住所/千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷9-1-13 [地図]
電話/047-441-1126
交通/新京成線鎌ヶ谷大仏駅より徒歩15分
     JR総武線船橋駅北口よりバス20分「鎌ケ谷新田」停徒歩5分
     国道464号線「初富」交差点より約2.6km
     ※無料駐車場134台分あり
料金/(平日)大人650円、小学生350円、乳幼児200円
     (休日)大人750円、小学生350円、乳幼児200円
時間/9:00〜24:00(休日は8:00〜24:00)