小江戸はつかり温泉(埼玉県川越市渋井)寒い時期の人気といえば岩盤浴。そして最近ホットなワードといえばロウリュ。川越市郊外の小江戸はつかり温泉では、この2つが一度に楽しめるから若い客層が割合的に多い。残念なのは小江戸らしさが皆無なロケーション。車でないと少々かったるい。ちなみに、はつかり温泉は蔵の湯東松山店・鶴ヶ島店と姉妹店で、七福の湯菜々の湯とはグループ店の間柄。

小江戸はつかり温泉(埼玉県川越市渋井)店舗正面にはためくロウリュウの幟。岩盤浴室にて開催しているが、セット料金がお得。券売機でチケットを購入、フロントでは岩盤浴着と大判タオルを受け取る。まずは浴室へ。さらさらの湯、ざぶーんの湯と名付けられた2つの浴室は男女日替わり。この日は男湯がざぶーんの湯だった。室内には温泉を使用した適温湯とぬる湯の2つが並んでおり、いずれも半身浴用の段差を設けているため、見た目以上に狭く感じる。

それならば露天風呂と思い、扉を開けると、目の前にはなんと池が広がっていた。遊歩道も整備され、「よい子は遊ばないで」との看板もあるが、知らずに入ってしまう客もいそうだ。そして池を囲むようにして、電気つぼ湯、滝見風呂、岩風呂などがある。ざぶーんの湯名物といえば、湯小屋の屋根の上に据え付けられた大樽から大量に流れ落ちる滝。そして、滝見風呂は湯小屋の中から裏見の滝見物といった趣向。普段は小屋の中でテレビを観ながら足湯が楽しめる。

小江戸はつかり温泉(埼玉県川越市渋井)

岩風呂は上下2段で、上段は源泉かけ流しのぬる湯、下段は循環濾過のあつ湯。傍に掲げられた温泉分析書を何気なく見ていたら、申請者には繁田醤油株式会社とあった。調べてみると「キッコーブ(亀甲武)」の商標で、おもに入間市周辺でのみ販売しているようだ。温泉は醤油のように真っ黒ならよかったが、あいにくの(!?)黄褐色。

小江戸はつかり温泉(埼玉県川越市渋井)岩盤浴は温度が微妙に異なる2室のほか、クールルーム、そして岩盤浴では珍しい外気浴デッキ。ロウリュウは平日7回・休日8回も開催しており、定刻間際には行列ができるほどの人気だ。

普段は横たわっているタイル張りの室内に、大判タオルを敷いて座る。熱波師は男女2名。室内の奥に据え付けられた大きな炉に、バケツいっぱいのアロマ水を大量にかけていく。そしてバスタオルを全開にして振り回し、「わっしょいわっしょい」の掛け声とともに団扇で熱波を浴びせていく。パワフルで賑やかなロウリュウだ。百聞は一見に如かず、とまずは下の動画を。そして実際に体験してみたらよいだろう。



小江戸はつかり温泉
源泉/小江戸川越温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県川越市渋井26-1 [地図]
電話/049-230-4126
交通/東武東上線上福岡駅よりバス「城北埼玉高校入口前」停徒歩15分
     JR川越線南古谷駅よりバス「城北埼玉高校入口前」停徒歩15分
     富士見川越道路「渋井」交差点そば
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人670円、小人450円、3歳まで無料
     (休日)大人770円、小人550円、3歳まで無料
     ※大人は中学生以上、小人は小学生以下
     (朝風呂・夜風呂)大人570円
     ※朝風呂は8:00〜9:00、夜風呂は22:00〜24:30
     岩盤浴は別途500円
     ※平日限定:入浴+岩盤浴セット970円
     ※22時以降:入浴+岩盤浴セット820円
時間/8:00〜25:00、年中無休