酒々井温泉湯楽の里(千葉県酒々井町飯積)アウトレットモールで有名な千葉県酒々井町に昨年12月、酒々井温泉湯楽の里がオープンした。千葉県内では松戸、市原、船橋に次ぐ4店舗目で知名度は抜群なうえ、アウトレットからは車で数分の距離とあって相乗効果も期待され、すでに話題沸騰だ。酒々井ICよりアウトレットに向かう途中に位置し、周囲はまだ開発途中で空き地だらけ。車以外でのアクセス(バス便)となると、公式サイトには「アウトレットより徒歩10分」とあるが、少々気が遠くなるロケーション。

下足箱の鍵をそのまま精算用リストバンドとして使用するシステム。フロントで受け付けを済ませ、脱衣所は空いているロッカーを使用する。つまり、入浴中は2つのバンドを腕に巻く。広い館内は2棟から成り、渡り廊下の先に浴室がある。

酒々井温泉湯楽の里(千葉県酒々井町飯積)

浴室内には炭酸泉とジャグジー、電気風呂、水風呂、サウナ室。1つ1つの湯船はさほど大きくないし、平日とはいえ客が多いので、炭酸泉にいたっては手足が伸ばせず。サウナ室では毎時30分には自動ロウリュがあり、樋を伝った水がサウナストーンに注ぐ。その光景はライトアップされるのだが、いかんせん地味。爆発的な発汗を求める人には物足りない。

露天風呂は温泉を使用した上下2段の岩風呂。上段は源泉かけ流しで、茶褐色の湯には若干の鉄さび臭。地下2,000mから湧出し、毎日換水、お湯張り時のみ加水しているようだ。下段は循環処理。ほかに寝ころび湯もある。「含よう素」という聞き慣れない泉質は、平成26年の鉱泉分析法指針の改訂によって追加されたもの。強塩泉の苦味しか実感できなかったが、なかなかよく温まる温泉だ。

IMG_2728 (編集済み)露天風呂の外はのどかな田園風景。素晴らしく開放的で、人工的なものは一切ない。都会からやって来た客なら感動するだろう。お休み処からも同じ景色を眺める。リクライニングシートがずらりと並んでいるが、まったく空く気配なし。どうせ空かないなら利用は館内着の客限定にするとか、何か考えてほしい。大広間でもあれば家族づれなどもゆっくり寛げるのだろうけど。

食事処は卓上のモニター端末で注文する。メニュー豊富でリーズナブル。昼のピーク時をずらしたから「お好きなお席へどうぞ」とは言うが、はやり人気は窓際の席。ボディケアやエステもあり、どちらかと言えば大人向けの施設。ゆったりコースでゆったりできれば満足いくだろう。

酒々井温泉湯楽の里(千葉県酒々井町飯積)

酒々井温泉湯楽の里
源泉/酒々井温泉湯楽の里(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県印旛郡酒々井町飯積1-1-1 [地図
電話/043-312-0026
交通/東関東自動車道酒々井ICより約350m
     ※無料大型駐車場あり
     JR酒々井駅よりバス20分「アウトレット」より徒歩約10分
     ※休日はアウトレット経由または乗り換えのバスあり
料金/ゆったりコース(平日)大人1,200円、ナイトサービス1,020円
     ゆったりコース(休日)大人1,320円、ナイトサービス1,140円
      ※館内着・フェイスタオル・バスタオル付き
     シンプルコース(平日)大人880円、こども500円
      ※ナイトサービス:大人700円、こども320円
     シンプルコース(休日)大人1,000円、こども650円
      ※ナイトサービス:大人820円、こども470円
     ※こどもは0歳〜小学生
     ※ナイトサービスは20:00以降
時間/9:00〜23:00、年中無休