湯ぱらだいす佐倉(千葉県佐倉市表町)湯ぱらだいす佐倉はJR佐倉駅より至近距離にあって、フィットネスとホテルを併設した施設。建物の塔屋に大きく看板を掲げているが、エントランス周辺はとても地味。浴室は4階と6階が男女週替わりとなり、この日は6階が男湯だった。フロントで料金を支払い、下足箱の鍵と引き換えにロッカーの鍵を受け取る。

脱衣所には縦長ロッカーが無数に並び、大型施設を感じさせる。ところが朝風呂の利用客はほんの数名。だだっ広い浴室には炭風呂、酒樽風呂、檜風呂が並び、それぞれには障子の衝立がなされ、屋内だというのに屋根が架けられ、窓越しに庭の演出。ホテルの大浴場という位置付けならば、だいぶ凝っている。

湯ぱらだいす佐倉(千葉県佐倉市表町)ほかに白湯と露天風呂があって、真下には佐倉駅があるから発車メロディや電車の走行音がよく聞こえる。脱衣所からは山並みや住宅地を眺めるが、バルコニーに設けられた露天風呂は手すりが高くて眺望は一切なし。湯船から川のようになって庭が演出され、水車まで置く手の込みようだが、川は流れず。ドライサウナは電源が落とされ、スチームサウナにいたってはそもそも休止中の様子。しかし水風呂には冷たい水が讃えられていた。順番にお湯を抜いているのか知らんが、薬湯は空っぽ。

湯ぱらだいす佐倉(千葉県佐倉市表町)公式サイトのお知らせを見ると、天然温泉についてとの表題で、「天然水を沸かして備長炭で滑らかにしたお湯を湯船に入れております」。かつては塩化物泉を使用していたようだが。朝風呂は8時で終了なのに、一刻も早く清掃を始めたいようで、30分前にはポリッシャーを準備。そして、中国人の客が多いのか、館内には「歓迎光臨」の貼り紙。その一方では「入れ墨を発見したら警察に通報します」。5階の食事処はステージ付き大広間のようだが、いくらなんでも終日利用1,650円は強気すぎやしないかと。いろいろな点で考えさせられるが、ひとつだけ言えるとすれば、成田空港周辺で朝風呂営業は貴重だということ。もうちょっと立ち寄りやすい雰囲気、サービス、宣伝があったなら、観光客にとって重宝するだろうに。

湯ぱらだいす佐倉
住所/千葉県佐倉市表町3-26-1 [地図
電話/043-483-4126
交通/JR総武本線佐倉駅北口より徒歩3分
料金/(終日利用)大人1,650円、中学生1,350円、小人800円
     (3時間利用)大人1,000円、中学生700円、小人500円
     (朝風呂)大人600円、中学生600円、小人300円
時間:(月火木金)10:00〜23:00 (水土日)10:00〜21:00
     (朝風呂)6:00〜8:00
     年中無休