埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県所沢市南永井)埼玉スポーツセンターと聞けば競技場や体育館といった総合施設を想像するが、実際の現地はボウリング場、バッティングセンター、ゴルフ練習場、フットサル、ビリヤード、パチンコ、ゲームセンターなど、要するに大衆レジャーの寄せ集め。そこに併設する「埼玉スポーツセンター天然温泉」は、むかしは「むさしの温泉 彩ゆ記」と言ったらしく、それに比べればシンプルでわかりやすいが、少々ダサいネーミング。安っぽい先入観を抱きつつも、現地を訪ねてみれば、モダンな外観。

埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県所沢市南永井)フロントでは下足箱の鍵とリストバンドを引き換える。精算はまとめて後払い。岩盤浴も利用するなら、追加料金なしでレンタルタオルと館内着も付いてくる(日帰り温泉パック)。ひとまとめに渡され、岩盤浴着と館内着はどちらも作務衣風なので、どちらを着れば良いかしばし迷ったが。浴室は1階、岩盤浴室は2階にある。館内はシックでなかなか洒落ている。

浴室に入ると掛け湯の左右両側に扉があって、左は洗い場と内風呂へ、右は露天風呂へと通じている。内風呂は白湯とバイブラ湯が隣り合って並んでおり、窓越しに露天風呂を眺める。たいていの施設での呼び方とは反し、ここでは白湯と言いながらも温泉を使用。薄っすらと黄色味を帯び、すべすべした肌ざわり。地下1200mより湧出し、毎日換水を行っているようだ。

埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県所沢市南永井)

泉質を最も実感できるのは、露天風呂の「極」と名付けられた湯船で、循環ろ過と消毒をせずに掛け流し。細かい泡付きで、ぬるめの湯に浸かってのんびりできる。その下段には木の湯船。ほかに露天では半身浴もできる熱めの岩風呂、一人用サイズの湯船2つ、寝湯のジャグジーで温泉を使用。地下水を使用しているのは還元泉という名の円型風呂と水風呂。ドライサウナとアロマスチームサウナの2つはそれぞれ温度・湿度ともにちょうど良く、湯船を含めて文句の付けようがない。

岩盤浴は2室あって、うち1室はセラミックタイルのよくある仕様。もう1室は座りながら。男女共用だが、一部を女性専用エリアとしている。そして大型ファンが轟音とともに回るクールルーム。サロンにはテーブルと椅子、隣接してごろ寝スペースもある。浴室には客が多かったのに、岩盤浴室はほぼ貸切状態だった。

埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県所沢市南永井)風呂あがりに寛ぐ空間としては、畳敷きの待合いと中2階のごろ寝スペースしかなく、長時間滞在やグループでの利用には不向き。食事処もやはり薄暗く、メニューはどちらかと言えば大人向け。公式サイトのセンスはいまいちだし、何よりも「埼玉スポーツセンター」の名前で損をしている部分もあろう。しかし下手に商売っ気を出さず、このまま穴場であればよい。リーズナブルにしてこの高級感と居心地の良さはありがたい。

埼玉スポーツセンター天然温泉
源泉/みずほ温泉(単純温泉)
住所/埼玉県所沢市南永井1116 [地図]
電話/04-2946-4126
交通/東武東上線みずほ台駅西口より無料送迎バスあり
     または路線バスを利用(いずれも本数は少ない)
     国道254号線(川越街道)「みずほ台駅入口」交差点より約550m
     ※無料駐車場900台分あり
料金/(平日)大人770円、小人360円
     (休日)大人870円、小人410円
     岩盤浴は別途820円
時間/10:00〜25:00、年中無休