有馬療養温泉旅館(川崎市宮前区東有馬)有馬温泉といえば、草津や下呂と並ぶ日本三名泉にして、関西圏きっての歓楽温泉街。♪有馬兵衛の向陽閣へ〜というCMも有名だ。

と、ここまでは全て前フリ。今回ご紹介する有馬温泉は、川崎市宮前区の東有馬にある。田園都市線や国道246号線が便利な住宅地にあって、有馬療養温泉旅館と屋号だけは風情たっぷり。ぱっと見はビジネス旅館なのだが。

神戸の有馬温泉は鉄分を多く含む「金泉」で知られているが、川崎の有馬温泉も同じ。源泉は空気に触れることで茶色に濁り、早朝は金色の膜が張ることもあるという。

有馬療養温泉旅館(川崎市宮前区東有馬)歴史は古く1,360年前まで遡るが、いま使用している源泉は、昭和40年に掘削湧出したもの。「八幡大神の神告によって、再び泉源が発見」というエピソードに神秘を感じるが、もし途絶えることなく湧き続けていたなら、それこそ神戸の有馬温泉のように賑わったかもしれない。

湯船ひとつしかなく、ただ静かに湯に浸かるのみ。ここを知るのは近隣住民、あるいはよほどの温泉マニアだろう。

有馬療養温泉旅館
源泉/霊光泉(川崎温泉:安岡1号2号3号混合、単純鉄冷鉱泉)
住所/川崎市宮前区東有馬3-5-31 [地図]
電話/044-877-5643
交通/東急田園都市線鷺沼駅より徒歩22分
     または鷺沼駅、センター北駅、北山田駅よりバス「中有馬」停徒歩1分
     国道246号線(厚木街道)「有馬病院入口」交差点より約900m
     ※無料駐車場16台分あり(17時以降は宿泊客優先)
料金/大人1,200円、小学生600円、乳幼児300円 ※2時間以内
     (20時以降)大人700円、小学生350円、乳幼児300円
時間/11:00〜22:00(水曜日を除く)