駿河の湯坂口屋(静岡県沼津市岡宮)東名沼津ICのすぐそばにあって、むかしから気になっていた温泉施設。それが駿河の湯坂口屋。観光客相手に海産物を扱う土産物屋、レストランなど大型店が建ち並び、すぐ目と鼻の先には沼津・万葉の湯も。家路につく前の観光客利用で、どの店も賑わうのだろうか。平日は坂口屋を含めてがらーんとしたものだが。

駿河の湯坂口屋(静岡県沼津市岡宮)外観からもわかる大型施設で、3階建の館内は、階段またはエレベーターで移動する。まずはフロントにて下足箱の鍵と、脱衣所ロッカーの鍵を引き換える。館内での利用分は、入館料を含めて後払い。

浴室は3階にあって、フロアを男女で二分しているが、施設規模のわりには広くない。浴室内には温泉を使用した湯船と、その隣には小さな薬湯の湯船。宝寿湯と八漢湯のpopを2つ並べて掲示していたが、果たしてどちらであったのか。

露天には温泉を使用した岩風呂と、かけ流しの源泉風呂、地下水を使用したぬる湯のバイブラ湯、五右衛門釜の水風呂、サウナ室、畳敷きのごろ寝スペース(2人分)がある。通路が狭く、しかも足つぼ刺激の小石を敷き詰めていたりするからビックリする。駿河湾の方向に面しており、一望と言えるほどではないが海を遠望する。右手の方角はインター周辺の大型店、真下には隣の和食レストランと住宅地を眺める。

駿河の湯坂口屋(静岡県沼津市岡宮)

温泉は無色透明で、地下1,330mから湧出する。公式サイトによれば「当温泉のナトリウム、カルシウムの成分は他店と比べ多い!」「当温泉の温度は45.5℃でAクラスです!」。根拠もなしに謳って大丈夫なのだろうか。多くの温浴施設では塩素消毒を施しているが、坂口屋では、イオン殺菌装置「レジキラー」を使用しており、「世界初の無添加・無加水 天然温泉」が売り文句。

個人的に素晴らしいと感じたのは、五右衛門釜の水風呂だ。1人用の小さなサイズだが、冷水が絶えず満たされ、屋外の吹きっさらしにあるから寒さ倍増。水風呂に入りたいがために、サウナに入るという逆転現象だ。

駿河の湯坂口屋(静岡県沼津市岡宮)駿河の湯坂口屋(静岡県沼津市岡宮)仮眠室は1階にあり、無料で利用できる全身マッサージチェアが26台並ぶ。そのうち数台分にはテレビを設置している。休憩室は2階の食事処に隣接した、畳敷きの広間。団体用休憩室と貸切個室もあり、大人数にも対応。食事処もテーブル・畳敷きを合わせてかなりの広さ。せっかくだから海鮮を、と注文してみたが、盛り付けが写真と大きく異なるようでは話にならない。

18時以降の割引設定があるにせよ、東名に乗る前のひとっ風呂にはまだ使いづらいかも。のんびりできて良い施設だと思うので、観光ついでの利用ではなく、坂口屋を目的とした半日ないし一日滞在を計画してみてはいかがだろうか。

駿河の湯 坂口屋
源泉/駿河の湯(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/静岡県沼津市岡宮1265-3 [地図]
電話/055-926-4126
交通/JR東海道本線沼津駅・三島駅・片浜駅より無料送迎バスあり
     ※便数少ないので注意
     東名高速道路「沼津IC」より約800m
     国道246号線「沼津IC南」交差点より約1km
     ※無料駐車場120台分あり
料金/(平日)大人1,100円、小人400円
     (休日)大人1,300円、小人500円
     (18:00以降)平日大人900円、休日大人1,100円
      ※大人は中学生以上、小人は3歳〜小学生
      ※岩盤浴は別途500円
時間/10:00〜23:30
     毎月第3木曜日定休(祝日の場合は翌日)